エッチな体験談 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【フェラチオ】女友達のフェラチオ 続続編【体験談】

カテゴリー:


前編は以下のとおり



どぴゅ…どぴゅ…どぴゅ…どぴゅ…



中々止まらない。快感が半端ない。俺はしばらく放心状態だった。



ゆい「こんなに出るんだねー!びっくりした。」

俺「今日はすげぇ気持ち良かったからいつもの倍ぐらい出てるよ(笑)」



ゆい「へへっ(笑)」

俺「あ!!!ゆいちゃんもしかして…飲んだ?」



ゆい「え!?飲んじゃいけなかった!?」

俺「いけないことはないけど…」






ゆい「あたし飲むもんだと思ってた(笑)」

俺「普通まずくて吐き出すんだけどね…」



ゆい「まぁおいしくはなかったけど(笑)Aくんのなら飲んでもいいかな♪」

どうしようもないぐらい愛おしくなり、いつの間にか抱きしめていた。



ゆい「…んー、眠くなってきた。」

時計を見ると朝5時。



俺「あ、ごめんね。無理させたね。そろそろ寝よっか。」

ゆい「うん。」



ゆいは眠そうな顔を近づけて俺の唇にキスをした。



ゆい「おやすみ」

ようやくお互い眠りについた。



目が覚める。ここはどこだ?

あ、そっか。昨日ゆいちゃんと…



時計は昼12時を回っていた。隣にはゆいちゃんがまだ眠っている。



なんて幸せな目覚めなんだ。起こさないようにトイレへ行き、用を足すとまたベッドに戻り、布団の中にそーっと入る。



ゆい「ん?…Aくん?」

起こしてしまった。



俺「おはよう。よく寝れた?」

ゆい「…うん。まだ眠いよぉ。」



そういいながら、俺の右腕にやさしくしがみつく。なんてかわいいやつなんだ。俺は昨日のように、また髪を撫で始めた。



俺「こうやると好きになるんだっけ?(笑)」

ゆい「もー…ばか(笑)」



しばらく撫でていると、ゆいちゃんは完全に俺に抱きついてきた。

そして今度は息子が目を覚ましたようだ。



ゆい「ねぇねぇ…もしかして、また元気になった?(笑)」

俺「うん…」



ゆい「男の子ってすごいわかりやすいんだね(笑)」  



そういうと、昨日のように俺の股関へ移動し、ズボンとパンツをずらし、手こきが始まる。



俺「昨日よりうまいよ…あぁぁ…」

ゆい「なんかAくん、かわいい。」



俺「…恥ずかしい」

ゆい「ふふっ(笑)」



寝起きにもかかわらず、早くも近づいてきたみたいで



俺「あ、ぁ、イきそう…」

そういうとゆいちゃんは自然とものをくわえた。



俺「あぁ!ぁ、イク!」

再び口の中で果てる。



ゆいちゃんはまたごっくんしてくれた。この喜びはなんともいえない。



俺「ゆいちゃん、もうちょっと舐めれる?」

ゆい「うん。」



まだ快感が残っており、くすぐったい感覚はなかった。



俺「ありがとう。気持ち良かったよ。」

ゆい「すごい気持ち良さそうな顔してたね(笑)」



俺「…見てたの?(笑)」

ゆい「へへっ(笑)」



しばらく二人で抱き合い、余韻に浸っていると、



ゆい「あのさぁ…」

俺「ん?」



ゆい「やっぱなんでもない(笑)」

俺「えー、言えよぉ(笑)」



ゆい「ってかそろそろ時間、やばくない?」

俺「あ、本当だ」



その後二人は急いで身支度をし、大学の集中講義へ向かった。

最近は若い女の子もフェラチオの仕方は動画で覚えるそうです。フェラチオでどうぞ♪


エッチな関連タグ

|||||

カテゴリ:フェラチオの記事一覧(新着順)

【フェラチオ】女友達のフェラチオ 続続編【体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


オススメのエッチな体験談

エッチな体験談 前後のページナビ!

2013年10月27日 | エッチなカテゴリー:フェラチオ

このページの先頭へ