エッチな体験談 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【職場】忘年会後に同僚とセックス 続編【体験談】

カテゴリー:


前編は以下のとおり



早朝、僕は目が覚めトイレから戻ると、

由香里はかったるそうに口を開いた。



「ゴメン…… 泊めてくれたんだ。全然覚えてないよ。ここアキのうちなの?」

「そう、うちだよ。水でも飲む?」



「うん、もらう。ありがとう」

「まー、うちだからゆっくりしてよ。まだ早いし水飲んだらもう一眠りすれば?」



「いいの? ゴメンそうさせてもらう。

わがまま言ってなんだけど、楽な格好になっていいかな?」



「もちろんいいよ、全然気にしないでいいから。




そうだ、長袖シャツあるから着なよ」



勢いよく水を飲んだ由香里に長袖シャツを渡すと、

ニットとキャミソールを脱ぎブラ姿になる。



長袖シャツを着ると、下から手を入れゴソゴソと器用にブラを外した。



さらに、スカートとストッキングを脱ぎパンティ姿になると、

寝ぼけていたのか、そのまま会話もなく布団をかぶって再び寝てしまった。



僕は、こんな由香里の大胆な姿を目の当たりにすると、完全に目が覚めてしまう。

足元の布団をめくると、直にピンクのパンティが目に映る。



じっくり見ると、所々にマン毛がはみ出している。

ドンとぶつかるように体を押してみるが、まったく反応はなく爆睡している。



パンティの上部を少しだけ下げると、フサフサなマン毛が現れる。

続いて股の部分から摘み上げるようにずらすと、ついにマ○コが見えた。



しかも割れ目までくっきりと。

「これが由香里のマ○コか」と息を呑んだ。



次は腰の位置からシャツを浮かせて、覗き込むとおっぱいが直に見えた。

仰向けにさせ、様子を見るも爆睡のまま。



ゆっくりとめくり上げると、乳首が顔を出した。

小さめの乳首はツンと上を向いている。



感情が高まり我慢できなくなった僕は、恥ずかしながらも、

ブラ、キャミソール、ストッキングを持って、

由香里の姿を思いながらトイレでオナニーをしてしまった。



さすがに一度目覚めているので警戒し、デジカメで撮るのはやめておく。



テレビをつけると音がうるさいし、

暇をもてあましてベッドに入ると、10時ごろにお互い目が覚めた。



「あー、また寝ちゃった……。なんかお酒残ってるな……。

ゴメン、トイレ借りるね」



トイレから由香里が戻ると、ベッドで横になりながら昨晩の経緯を細かく話した。



「もうイヤだ、ホントに覚えてない。ところでアキ、私に変なことしたでしょう?」

「おいおい、なに言ってんだよ。するわけないでしょう。してません、してません」



「男の人って、こういうときしたいと思わないの?」

「そりゃ、思わなくはないけど。突然変なこと聞くなよ」



「ねえねえ、それじゃ私とはしたいと思う?」

答えに困ったが、もちろん由香里としたい。



「う、うん…… まー、したいとは思うけど……」

「そうなんだ。ねえ、アキがそう思うなら、してもいいよ」



お互い、ぎこちなさや恥ずかしさはありながらもセックスをした。

普段、職場でしか接しない由香里なだけに、一味違ういやらしさを感じました。



時間をかけてフェラもしてくれたし、逆に僕もクンニをした。



シーツに点々とシミが付くほど濡れたマ○コに挿入し、

正常位から始まり、バックでフィニッシュ。



時間を置いて帰る前にもう一度セックスをすると、

緊張もほどけ由香里もリズムよく腰を動かし、声を高々に何度もいった。



もしかしたらこの出来事は、一人寂しく過ごしたクリスマスの、

遅れながら届いたプレゼントだったかもしれない。

普段真面目に仕事をしている職場でしてもらうフェラチオは最高ですね


エッチな関連タグ

|||||||

カテゴリ:職場の記事一覧(新着順)

【職場】忘年会後に同僚とセックス 続編【体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


オススメのエッチな体験談

エッチな体験談 前後のページナビ!

2014年11月13日 | エッチなカテゴリー:職場

このページの先頭へ