エッチな体験談 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【寝取られ】不妊に悩んだ末の、究極の選択6 【体験談】

カテゴリー:


結婚後、不妊に悩んだ末にとんでもない選択をした私とみな実でしたが、ハワイでの絶望的な章雄とみな実との結婚式後、本当にあっけなく授かることが出来ました。

病院で検査し、妊娠が確定したときのみな実の嬉しそうな顔は、辛かった日々を忘れさせてくれました。





そして、その件を章雄にも電話で報告すると、

「マジか! やったじゃん! 頑張った甲斐があったな! おめでとう!」

と、本当に心から祝福してくれる感じでした。色々と迷惑かけてゴメンということと、本当にありがとうということを告げると、

「え? なにが? お前とみな実ちゃんが頑張って子作りして、赤ちゃんが出来たって報告だろ? 俺は関係ないじゃんw 俺は別になにもしてないしw」

と、とぼけたように言いました。本当に、章雄は良いヤツなんだと今さら実感しました。



あくまで授かった赤ちゃんは、私とみな実の赤ちゃんで、章雄とのことは無かった事にしようという、章雄なりの意思表示だと思うと泣けてきました。

私は、こんなに良いヤツを疑っていました。子供を作るためと言うよりは、みな実とのセックスをただ単に楽しんでいるように思っていました。

そんな疑いを持っていた自分を恥ずかしいと思いました。








そしてみな実も、妊娠が確定してからは、すっかりと昔のみな実に戻りました。私は、妊娠した後もみな実は章雄との関係を続けるものだと思っていました。章雄とセックスをするみな実は、本当に気持ちよさそうで、嬉しそうでした。はまり込んでしまって、抜け出せなくなっていると思っていました。



なのに、みな実は一切章雄に連絡を取ることもなくなり、話題にすら出さなくなりました。ホッとしながらも、あんなにものめり込んでいた章雄とのセックスを、簡単に忘れられるのか? という疑問は持っていました。







しかし妊娠してからというもの、みな実はお腹の子供が生まれてくるのが本当に楽しみで仕方ないという感じでした。生まれてくる子のために、料理や子育て、家庭の医学等々、とにかく色々と勉強を始めたみな実は、憑き物が落ちたように昔の貞淑な優しい妻に戻りました。





当然のことながら、両家の両親もやっと授かった孫に嬉しさが爆発した感じで、全てが上手く回り始めた気がしました。

とくにうちの実家は跡取りが出来たと大喜びで、今まで微妙に疎遠だったのも解消され、私の母と嫁がよく買い物に行くようになり、その度に赤ちゃんグッズが増えていきました。







ふと、こんなにみんなが喜んでいるのに、あの赤ちゃんは私の種ではない……そう思う自分がいました。

でもみな実は、本当に催眠術にでもかかっているように、章雄とのことは忘れているかのように口にもしません。



一度だけ、章雄とのことを詫びようと、

「みな実、本当にゴメンね。色々と嫌な思いをさせて……でも、授かれたから、あんな事はもうさせないから……」

と言いました。

するとみな実は、本当にポカンとした顔で、

『え? なかなか授かれなかったのは、仕方ないよ。でも、頑張った甲斐があったね。ふふw 早く会いたいねw 二人の赤ちゃんにw あなた、ありがとう。愛してます』

なんて言ってくれました。アレは夢だったのだろうか? 章雄とみな実の濃厚な子作りは、私の見た幻覚だったのだろうか? そう思うほどでした。





そして、幸せな生活が始まりました。少しずつ大きくなるみな実のお腹を見ているうちに、本当に自分の種で出来た赤ちゃんだと思うようになりました。





だけどそんなある日、大きく事態が動くような出来事がありました。



休日に、家でノンビリしながら過ごしていると、インターフォンが鳴りました。モニタで確認すると、章雄でした……。

動揺しながらもドアを開けると、大きな箱を持った章雄が、

「おめでとう! 少し落ち着いてからの方が良いと思ったから、こんなに遅くなっちゃったけど、これ、あると便利だと思ったから」

そう言って、プレゼントを渡してきました。

『あ、章雄さん、お久しぶりです。ありがとうございます! 開けてもいいですか?』

「あ、どうぞどうぞ、たいしたものじゃないですけど」

動揺して固まる私に対して、二人は本当に普通の感じで会話をしています。ただ、二人で子作りをしていたときのように親しげな感じではなく、子作りをする前の関係に戻っている感じでした。



二人とも不自然な感じはまったくなく、気まずい感じすらしませんでした。

『あ、この椅子知ってます、転ばないんですよね!』

「そうそう、赤ちゃんって、いきなり予告もなく後ろに倒れるからさ、これあると良いよ」

『ありがとうございます。本当に嬉しいです!』

箱から出てきた、お尻をはめ込むような感じで座る一人がけの赤ちゃん用のソファは、カラフルな原色のモノでした。確かにこれに座らせておけば、コケない感じです。子育てを経験した人間ならではの、気の利いたプレゼントだと思いました。



そして、動揺したうえに狐につままれているような私を置いて、みな実はさらに言いました。

『どうぞ上がって下さい。紅茶でも入れますね』

「あ、じゃあ、遠慮なく」



そして、玄関に上がる章雄。それをボケっと見ている私に、

『あなた、どうしたの?』

と、みな実が声をかけてきました。

「あ、あぁ、ゴメン……悪いね、章雄。ありがとう」

なんとかそう言った私に、

「たいしたのもじゃないからw でも、ホントによかったな!」

と、章雄は満面の笑みでした。気を使っているとかを通り越えて、章雄は記憶が消えてしまっているような感じでした。



本当に、アレは夢だったのか? 私はちょっとだけ怖くなってきました。なかなか授かれないことで、私は精神に失調を来していたのではないか? そんな、自分が壊れてしまったような恐怖にとらわれてしまいました。



慌てて二人の後を追い、リビングでお茶を始めました。章雄は、子育てのことを面白おかしく話し、みな実はそれを笑いながら聞いています。

ただ、二人の間には一定の距離感があり、他人行儀とも言える感じでした。何度も激しく愛し合い、ハワイで結婚式まで挙げた二人……アレは、本当に幻だったのだろうか?



「あぁ、もうこんな時間だ。嫁に怒られちゃうから、もう帰るよw」

『奧さんのこと大好きなんですねw また遊びに来て下さいね』

みな実は楽しそうにそう言いました。

「じゃあ、また来るわ。みな実ちゃん、いたわらなきゃダメだぞ!」

そう言いながら帰っていった章雄。



『ふふw 章雄さん、奥さんに尻に敷かれてるのねw』

「あ、あぁ……」

『うちも、尻に敷こうかなぁ?』

無邪気に笑うみな実。パラレルワールドに迷い込むと、こんな気持ちなんだろうなと思いました。





この日以来、たまに章雄は遊びに来るようになりました。正直に言って、章雄とみな実の心の中には恋愛感情が秘められたままだと思っていた私でしたが、章雄が遊びに来るたびにその気持ちもなくなっていきました。

それくらい二人は他人行儀で、一定の距離感を崩さなかったからです。



一度は深い仲になった二人なら、ふとしたときに、意識しなくても親しげな感じが出てしまうはずです。それがまったくないことで、私はすっかり安心していました。



みな実も気持ちを完全に切り替えていて、章雄も大人の対応をしてくれている。そう思うことで、私もやっと気持ちを切り替えることが出来た気がしました。





そして私も、本当にみな実のお腹にいるのは、私の赤ちゃんだと心の底から思うようになっていました。





それからしばらくして、みな実のお腹もかなり大きくなり、安定期にも入り、流産の危険もかなり減ってきた頃のある日、章雄がまた遊びに来ていました。この日は、章雄の奧さんと子供達が実家に帰っているということもあり、3人で一緒に食事をしました。



「みな実ちゃん、こんなに料理上手だったっけ!?」

大げさとも言えるくらい章雄が驚いて言います。

「今、色々と勉強してるんだよ。子育てのことなんかも熱心に勉強してるし、胎教とかもしてるんだ」

私が説明すると、

「へぇ! 凄いね! みな実ちゃん、真面目だねぇ」

と、章雄が驚きながらみな実を褒めます。



『だって、やっと神様が授けてくれたから、そりゃ真剣ですよwねぇ、あなた#9825;』

みな実が、そんな事を言う。もう、私もみなみの言葉を、素直に受け止められるようになっていました。この時の私は、自分の種で授かったと言うことになんの疑問も持っていませんでした。



そして、そのまま楽しく食事は進み、そのうち3人で飲み始めました。と言ってもみな実は妊婦なので、アルコールは飲まず、私たちに酌をしたり、つまみを作ったりしながら楽しそうに話しをするだけです。





みな実が妊娠して以来、私もほとんど飲むことがなかったので、思いの外酔いが回りました。でも、楽しい時間でした。章雄は本当に良いヤツで、話も楽しく、みな実は私を立ててくれて、私も誇らしく楽しく幸せな時間でした。





しかし、いつの間にか私は意識を失っていました。ふと目が覚めると、私はソファの上でタオルケットを掛けられている状態でした。今まで、飲み過ぎて意識を失ったことはなかったので、よほど飲んでしまったのだなと反省しながらも、頭がガンガン痛かったです。



水でも飲もう……そう思ったとき、私の耳にみな実の声が聞こえてきました。



『ダメぇ、声出ちゃうからぁ#9825;』

リビングの横の寝室から、その声は聞こえてきました……私は、冷水をぶっかけられたように一気に目が覚めました。ソファは、寝室の壁にくっつくように置かれているので、驚くほどクリアにその声は聞こえてきました。



たったそれだけのフレーズで、なにが起きているのかわかってしまいました。

『ダ、ダメぇっ、んっ! んンッ#9825; 深いよぉ! ダメだってぇ! ンあっ!!』

みな実の声が響き続けます。声を抑えている感じはしますが、悲しいかな安普請の薄い壁なので、聞きたくないモノが全て聞こえてきます……。



それと同時に、やっぱりなという気持ちがありました。そりゃそうだよな……あれだけ深く結びついた二人が、そんな簡単に他人に戻れるはずがない……そう思いました。



本当ならば、すぐに止めるべきだと思います。でも、止めることも動くことも出来ず、逆に集中して耳をそばだてる私がいます。



今、私は興奮しています。みな実が、大きなお腹のまま章雄とセックスをしている……そう思うだけで、震えるほどの快感が走ります。



あの辛い代理子作りの日々で、私は寝取られる快感に目覚めていました。でも、それはみな実の妊娠とともに封印されたはずでした。





「ダメだって、声大きすぎるぜw」

『ん〜んっ! だってぇ、気持ち良すぎるんだもんw それに、起きないんでしょ?』

「まぁ、あの量飲ませたら、明日の昼まで寝てるはずだけど……」

『あっ! でも、ホントに大丈夫なの? 目が覚めないって事はない?』

「今さらかよw 大丈夫だって、ちゃんとした病院の薬だから」

『よかったぁ〜』

「ほら、今度は後ろ向けよ」

『は、はいぃ、後ろからして下さいぃ……』

快感に声が震えるみな実……。



でも、この状況で私は嬉しいとさえ思っていました。話しの流れで推察すると、私はなにか薬を飲まされたようです。多分、導眠剤とか睡眠薬などだと思いますが、みな実が私のことを心配してくれたのが嬉しかったです。この状況で、何を言っているんだ? オマエは? と思われると思いますが、そんな事に喜びを感じてしまうほど、私は追い詰められていたのだと思います。



「そんなお願いじゃ、ダメだなぁw ちゃんとしなよw」

『イジワルw 章雄の大っきいおチンポで、みな実の妊娠オマンコ犯して下さいぃ#9825;』

「よく言えましたw」

『ンおおっっ!! ヒィぐぅ! ダメぇ、深いよぉ! ンヒィッ!! イクっ! イクぅっ!!』

「バックだと、すぐイクよなw」

『だ、だってぇ、章雄のがえぐるんだもんw 一番気持ち良いところw』

「アイツのじゃ届かないところだっけ?」

『もう! そんな事言っちゃダメだよぉ……』

「ハァ? みな実が言ったクセにw あの人のじゃ、届かないところ突いてぇっ! ってw」

『イジワル……ねぇねぇ、私が動くねw』

「ダメだって。もう、ひとりの体じゃないだろw いたわらなきゃw」

『大丈夫。もう安定期だし。ねぇ、気持ち良くなって欲しいよ……奧さんとするより、気持ち良くなって欲しい……』

「だから言っただろw 嫁とはもうしてないから。オマエだけだよ。みな実、愛してる」

『へへw 愛してるよぉ……ねぇ、キス……んっ! んンッ!』



私はこの短い流れの中で、もうイッてしまいました。下着の中に、大量にぶちまけながら、歯を食いしばり声を抑え込みながら、何度も何度も精を放ちました……。



そして、射精したことで多少冷静になった私は、薄くドアが開いていることに気がつきました。迷いましたが、結局我慢できず、音を立てないようにドアに近づきました。リビングはほとんど真っ暗なので、のぞいてもバレないはずだ……そう思いながら寝室をのぞくと、全裸の二人が見えました。

ベッド脇に立ち、ベッドに両手をついて立ちバック状態のみな実。大きなお腹がなまめかしです。そして、妊娠してさらに凶悪に大きくなったおっぱいも、生き物のように揺れています。



真横から見る形なので、みな実がお尻をガンガン章雄の腰にぶつけている姿がよく見えます。妊婦のみな実が、自分で腰を振る姿……お腹の子は大丈夫なのか? そんな心配をしながらも、息を潜めて見続ける私は、興奮の極地にいました。



『ンッ! あっ! あっンッ! んあっ#9825; はぁン#9825; ハン#9825; おチンポ来てるぅッ! 赤ちゃん起きちゃうよぉっ!』

「ははw 寝てるとかわかるのかよw」

『わかるよぉ,ほら、触ってみて……』

「うおっ、これ、蹴ってるの?」

『ふふw 元気でしょw』

「凄いね……」



このやりとりは、私を絶望に叩き込みました。赤ちゃんが動く? 蹴ったりする? 私には教えてくれていません。それは、私に一番に報告してくれるべきものだと思います。

”ほら、赤ちゃん動いたよ!”そう言いながら、私の手を取りお腹に当てるみな実……それを夢見ていました。

章雄に先を越されたことに、言いようのない敗北感と嫉妬を覚えます……。



「でも、これ触ったら、怖くて突けないよ。抜くよ」

『大丈夫だよぉ、もっとしてくれなきゃダメだよ!』

「いや、ちょっと怖いって」

『じゃあ、お尻なら大丈夫?』

「え? まぁそれなら、平気かな?」

『じゃあ、こっちに#9825;』

四つん這いで、自分でアナルを押し広げるみな実。大きなお腹で、何をしているんだ……そんな言葉が出そうになりますが、精子も出そうになりました。触りもしないのに、イキそうなくらいになっている私。

嫉妬や敗北感が、全て興奮にすり替わっているようです。





「アレ? 何それ?」

急に章雄が言いました。

『え? あ、もう出るんだよw 飲んでみる?』

「えぇっ! 母乳なの!?」

『そうだよw ほらw』

そう言って、乳首あたりを絞るようにするみな実。薄暗くてよく見えませんが、母乳が出ているらしいです。



「うわっ! 凄いね……て言うか、早くない? もう出るモノなの?」

『人によるみたいだよw』

「これって、アイツは知ってるの?」

『うぅん……章雄に言ったのが初めてだよ。飲むのもねw』

そう言って、おっぱいを章雄に押しつけるみな実。章雄は、嬉しそうに乳首を口に含むと、吸い始めました。



「熱いんだねw それに、思ったより美味しい」

『あらあら、パパに先に飲まれちゃいまちたねぇ〜w いけないパパでちゅね〜w』

みな実はお腹を撫でながら、お腹の赤ちゃんにそう言いました。



「こらこらw それは言っちゃダメだろw」

『だってぇ〜 二人の時はいいでしょ?』

「いやいや、横にアイツいるしw」

『忘れてたw』



私は、もう狂ったように自分のモノをしごいていました。そして、あっという間にまた下着の中に射精をして、歯を食いしばっていました。



わかっていたことですし、覚悟していたことです。でも、章雄のことをパパと呼ぶみな実を目の当たりにすると、絶望の大きな扉が開いた気持ちになります。



そして、私より先に章雄に母乳が出始めたことを話すみな実。そして、飲ませるみな実……。

幸せだった日々が、粉々に壊れていくのを感じます。



『ねぇねぇ、今度は私に飲ませて欲しいなぁ〜#9825;』

みな実はそう言いながら、章雄の極太を口に含みました。

「あぁ、気持ち良いよ……」

『へへw ホントに? 奥さんより上手い?』

「あぁ、上手だよ。みな実の方がずっと気持ち良いよ」

『嬉しいなぁ……』

「みな実はどう? 俺のそれの方が好き?」

『決まってるじゃんw この大きさ、この堅さ……舐めてるだけで、おかしくなるよ……初めて入れてもらったときから、夢中だよ#9825;』

「あぁ、ヤバい、出るよ……出るッ!」

体を震わせる章雄。みな実はそのタイミングで、一番喉の奥までくわえ込みました。



みな実は、自分の手のひらの上に、ダラぁっとその精子を吐き出しました。

『ふふw こんなにw 溜まってたの?』

「あぁ、先週みな実としてから、ずっと溜めてたよ」

『ふふw 嬉しいなぁ#9825;』

みな実はそう言うと、手のひらの上の精子をズルズルと音を立てながら吸い取り、一気に飲み込みました。

ゴクンという音まで聞こえるくらいの飲み込み方でした。





先週みな実とした? まったく気がつかなかった…… いつ? どこで? もう、泣きそうというか、涙がこぼれています……。





『ごちそうさまw 美味しかったよ#9825;』

「あぁ、マジで上手くなったな。でも、さすがにちょっと休憩w」

『ダメだよ! パパがそんなにだらしなかったら、この子が悲しむもん! ほら、立たせてあげるから#9825;』

「なんだそりゃw」



そう言って、イッたばかりの章雄のペニスをお掃除フェラするみな実。そして、くわえながら章雄の乳首も指で触り始めました。

お腹の大きなみな実が、風俗嬢のような行為をする光景……それは、夫の私には地獄のはずですし、怒り狂うべき場面だと思います。



でも私は、イッてもイッても収まらない猛り狂ったペニスをしごき続けています。嫁が他の男……いや、本当の夫とセックスをするのを見て、オナニーをする私……妊娠させることが出来なかった偽物の夫の私には、お似合いの状況なのかも知れません……。





『もうカチカチw て言うか、カッチカチだね#9825;』


寝取られの屈辱と興奮をもっと味わいたい方は 人妻動画 でどうぞ。


エッチな関連タグ

||||||||||||||||

カテゴリ:寝取られの記事一覧(新着順)

【寝取られ】不妊に悩んだ末の、究極の選択6 【体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


オススメのエッチな体験談

エッチな体験談 前後のページナビ!

2015年1月2日 | エッチなカテゴリー:寝取られ

このページの先頭へ