エッチな体験談 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【学校】ラブホでセックスしている所を同級生に見られてた 続編【体験談】

カテゴリー:


前編は以下のとおり



親友(N)「久しぶり」

私「久しぶりだね~」 (この時点ですでにもう死にそう)



N「さっきさ、○さんにすごくよく似た人がいたんだけど、今何してる?」

NはちょっとSっ気があぅて、分かってるくせにあえて言わなかったり、

じらしたりする性格だった。



私「え、いきなり何?予定ないから普通に家にいるけど」

N「そっか、それならよかったwまじびびったもんw」



このままブロックしてやろうかと思ったけれど、

なるべく尻尾をつかまれないよう平然を装うことにした。






私「私に似た人ってどこで見たの?」

N「えーっと」

N「ラブホ」Σ(゚Д゚)



私「ラ、ラブホ?w何で?w」

N「知らんよwコンビニ行こうとしたら俺のアパートのすぐ前の

ラブホの3階から変な声が聞こえてくるから、

まさかと思ったら○さんに似た人がやってたんだよ」

(ここで死を覚悟)



私「まじwwやってるとこ見れてよかったねw というか、

そんなに私に似てるの?」

N「まあなwww」 



N「そっくりってもんじゃないよw声まで似てたw

 まじで本人じゃね?って思った」

私「そっかーw」



N「なあ、真剣に聞くから正直に答えてほしいんだけど、

さっき俺が見たのって○さんだよな?」

私「」(^p^)



N「俺も別に見たいわけじゃなかったけど、

頭上からあんなエロい声聞こえてきたら誰でも見るよ?」

N「もう一回聞くけど、やっぱさっきの○さんだろ?」



もう逃げることができないと確信したので、腹を割って

私は取りあえず、Nが誰かに言いふらさないようにするための

作戦を練ることにした。



私「はい、すみません、私です。お見苦しい所をお見せして

申し訳ありませんでした」



N「相変わらずおもしろいな。やってた人彼氏?」

私「うん」 (普通そうだと思う)



N「お盛んだなwいつから付き合ってんの?」

私「4月ぐらいかな」



N「最近だなw付き合って一ヶ月ぐらいしか経ってないのに

もうそんなプレイしてんの?」



私「相手が勝手にしてきたから」

N「そっかwあの○さんがなー。なんかショックだわ」



私「なんでショックなん?」

N「○さんってそういうことするイメージがなかったからw」

(むしろその逆ですwセックス大好きですよ)



私「そんなイメージ持たれてたんだwなんかごめん」

N「いや、別にいいんだけどさ」



N「今だから言うけど俺高校のとき○さんのこと好きだった」

私「」(^p^)



N「いきなりごめん。でも俺、○さんがSと付き合う前から

○さんのこと好きだった。 ほんと今更だけど」



私「まじで言ってるの?」

N「まじに決まっとるやん」

N「こんなことに嘘つかんよ」



今起きている状況を知らずにすやすや寝ている

彼氏のほうをチラッと見た。 どうやら熟睡しているらしい。



私「それはそうだけど、そんなこと言われても私はどうしたらいいの?」

N「俺は今でも○さんのこと好きだから。

でもまあ、付き合っている人がいるんだったらだめだよな」



私はNが何を考えているのか全然分からなかった。

このいきなりの告白が、

本当に高校のときから私を好きだったから言ったものなのか、

ただ単にどうにかして一発やらせてもらおうと考えてのことなのか、

さっぱり分からなかった。



でも、どちらかと言えば後者のほうだろうと私は思った。



N「で、相談なんだけど、○さん的にはこのこと誰にも話してほしくないよね?」

私「そりゃそうでしょw」



N「特にSには」

私「うん」 (なんだか分からないが、すごく嫌な予感がした。)



N「俺、今回のこと誰にも言わないでおくから、

その代わり一つお願いしたいことがある」

私「なに?」



N「明 日 俺 の 部 屋 に 来 て」

私「はい?」



N「だめ?」

私「私彼氏いるんだよ?そんなことばれたら…」



N「別に変なことやるわけじゃないでしょw彼氏いるのに俺とするつもり?」

N「普通に友達の部屋に遊びに行くだけ」



こういう風にSっ気が出てきたときのNには

逆らえないというのを私は知っていた。



私「そうだけど…」

もともと次の日は大学の講義の振り替えがあったので

彼氏とは会わないことになっていた。



N「久しぶりにいろいろ話したいしさ」

N「○さんが好きなチーズケーキと唐揚げも作っとくよ」



Nは高校時代から料理が得意で

よくお菓子を作っては試食させてくれていた。



Nが作るチーズケーキはお店で売ってもいいぐらいおいしくて、

食い意地の張っている私はついつられてしまった。



私「本当に!?行く行く!!」

N「相変わらずやなw俺の部屋の場所は窓から見てたんだから分かるよねw」



私「あ、はいwwwじゃあ、15時ぐらいに行くから」

この時の私はNのことを信用していた。

部屋で二人きりになっても手を出してくることなんてないだろうと。



Nはもともとそんなにそういう系のことにあまり興味はなかったし、

私のことを好きだと言っていたことも、チーズケーキの話の辺りで忘れていた。



もしかしたら、この時の私の心の奥底には

彼氏がいるのに他の男と身体の関係を築いてしまう、

ということに対する後ろめたさを抱きながらも快楽に溺れたい、

彼氏以外の他の男にも抱かれたい、

という願望みたいなものがあったのかもしれない。



この軽はずみな行動が後々自分を苦しめることになるとは

この時の私はまだ知らなかった。 (次回へ続く)

学校でして一番ドキドキする行為はエッチよりもフェラチオです


エッチな関連タグ

|

カテゴリ:学校の記事一覧(新着順)

【学校】ラブホでセックスしている所を同級生に見られてた 続編【体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


オススメのエッチな体験談

エッチな体験談 前後のページナビ!

2015年1月7日 | エッチなカテゴリー:学校

このページの先頭へ