エッチな体験談 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【寝取られ】嫁を高校生の甥っ子とセックスさせてみた 続続編【体験談】

カテゴリー:


前編は以下のとおり



そして土曜の午後、自宅に翔太がやってきた。

(ちなみに賃貸マンション住まい)



ここ数年まともに親戚づきあいしてなかったが

実は自転車で30分しか離れてないところに住んでる。



嫁と翔太はリビングのソファーのところにいる。

俺は二人の隣で見ている。



「ねぇ…涼子さん。本当にいいの?」

期待に目をうるうるさせて嫁を見つめる翔太。

なんというか小動物的な魔性の可愛さがあるな、この子は。






「うん…あ、でも本当のエッチは駄目だよ、今日は手と口でするだけだからね」

嫁もかなりドキドキしてるようだ。



今まで妄想の世界でしか愛でられなかった美少年を

現実に目の前にして、ちょっと声が上ずってるのがわかる。



「じゃあ服を脱いじゃって…あ、私が脱がせてあげよっか?」

「ええっ!?い、いや、自分でできます…」



そういって翔太はあたふたと服を脱ぐ。

なんかひとつひとつの仕草が微笑ましい。

十五歳なのにこんな可愛いのは反則だぞ。



「うわぁ~、翔太くんの肌、すべすべで真っ白だね。

ちょっとうらやましいなぁ…ねぇ、パンツも脱いじゃいなよ」

「うう…恥ずかしいです…」



「じゃあ先に…私の服、脱がせてみて…」

「あ…はい…」



嫁はパンティとティーシャツとホットパンツしか着てない。

神妙な手つきで恐る恐るシャツのすそをもつ翔太。



「気づいてた?今ノーブラなんだよ…」

「!?」



「むふふ…」

「…腕を上げてもらえますか…」



「いいよ、はい…」

ゆっくりと脱がされるティーシャツ。



「涼子さんのおっぱい…」

「あんまり大きくないけど…えへっ、やっぱり恥ずかしいな…」



「すごく綺麗です…」

「ふふっ、ありがとう♪…じゃあ、下も脱いじゃうね」



嫁はホットパンツをすいっと脱ぎ捨てた。

さすがに照れくさくなってきたようだ。そしてパンティも脱ごうとすると…。



「まって、これは僕がします…」

そういって嫁の前にひざまずく体勢でパンティを下ろし始める。



少年とはいえ、まぎれもない男が嫁の下着を脱がす…。

その異様な状況に俺は嫉妬と興奮でくらくらしてきた。

興奮した俺はパンツを下ろしオナニーを始めた。



「翔太くん、女の人の…見るの初めてなんだよね?」

「はい…」



食い入るような視線にさらされる嫁。

嫁がちらっと一人でしこしこする俺の方を見る。



「遠慮しないで…さわってもいいんだよ…」

「ああ、涼子さん…涼子さんのおっぱい…」



むにゅむにゅと胸を揉まれる嫁。

ぎこちない手つきにかえってドキドキしているようだ。



「はぁはぁ、すごく柔らかい…ねぇ、吸ってもいい?」

「あはw可愛い、なんか赤ちゃんみたいだね♪…いいよ…」



ちゅうちゅうと音をたてて吸う。

「んふっ…おっぱいだけじゃなくて、こっちも…」



嫁が他の男に身体を触られて感じてる…

その異様な状況に俺は苦しいくらい興奮してる。



チンコはぎんぎんになり、我慢汁があふれてくる…

嫁はソファーに腰をかけ、両足を開いた。



オナニーする俺の方を見て

『いいんだよね?』と目で訴えてるみたいだった。



「これが女の人の…」

「翔太くん大丈夫?ちょっと興奮しすぎなんじゃないw?」



「…」

翔太がしゃがんで嫁の両足の間に割り込んできた。



両手を左右の太ももの内側をつかんで、

嫁のあそこをもっとよく見ようとする。



「はぁはぁ…涼子さん、僕もう…ああ!」

びくんっびくんっと腰をふるわす翔太。



「え?…翔太くん、射精しちゃったの?」

「はあ、あう…僕、こんな…」

興奮しすぎてパンツの中で射精してしまったようだ。



「もう…恥ずかしがらなくてもいいんだよ…

キレイにしてあげるから…脱いでごらん……」



翔太は半ば放心したようにのろのろとパンツを下ろし始めた。(次回へ続く)

寝取られの屈辱と興奮をもっと味わいたい方は 人妻動画 でどうぞ。


エッチな関連タグ

||||||

カテゴリ:寝取られの記事一覧(新着順)

【寝取られ】嫁を高校生の甥っ子とセックスさせてみた 続続編【体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


オススメのエッチな体験談

エッチな体験談 前後のページナビ!

2016年1月4日 | エッチなカテゴリー:寝取られ

このページの先頭へ