エッチな体験談 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【寝取られ】夫が突然目が見えなくなり、角膜ドナーを待つ事に【体験談】

カテゴリー:


私の夫が視力を失った。

夫は元々弱視だったんだけど、いつものように家から出ようとすると、
突然立ち止まり、

「目の前が、真っ暗だ・・・」

と、震えた声でそう呟いた。



急いで病院に連れて行き、医者から伝えられた言葉は残酷なものだった。


「ご主人の視力を取り戻すには角膜移植より他ありません。
しかし、ご主人以外にも、沢山の患者さんが順番待ちの状態なんです。
ですので、今はもう天に願うしかありません。」



例えドナーが見つからなくても、私は夫を支えて行こうと心に決めていた。

暮らしは大変かもしれない、けどまたあの幸せな日々を取り戻せる、と思っていた。



しかし、夫の介護生活は楽なものじゃなかった。


今まで見えていた世界が全く見えなくなり、食事やらトイレまで全て私がつきっきりとなり、
夫のプライドをかなり傷つけていたんだろう。


暫くすると夫は私に辛く当たるようになり、自暴自棄になっていった。

食事も取らず、私と会話をまともにしてくれず、重い空気が家の中に漂っていた。



私はもう堪えられなかった。

こんな生活が一生続くなんて、私には堪えられない・・・


夫の主治医の先生に泣きながら

「お願いします!夫の目を治してあげてください!
このままでは私たち夫婦がダメになります!」

と、必死で訴えた。


先生は沈黙しながら少し考えた様子を見せていた。

そして、口を開き、こう言った。


「分かりました。ならば私の方で、ご主人に角膜が早く提供出来る様、手を尽くします。」


私はその言葉を聞き、今まで目の前に立ち込めていた暗雲が晴れたような気分になった。

有難う御座います!
そう言い掛ける直前に、先生は続けてこう言った。


「但し、奥さんが私の言う事を全て聞くという事が条件です。如何ですか?」



体験談の続きを読む »


エッチな関連タグ

||||

カテゴリ:人妻 // 寝取られ // 浮気・不倫の記事一覧(新着順)

【寝取られ】夫が突然目が見えなくなり、角膜ドナーを待つ事に【体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


オススメのエッチな体験談

エッチな体験談 前後のページナビ!

2016年5月26日 | エッチなカテゴリー:人妻 寝取られ 浮気・不倫

このページの先頭へ