エッチな体験談 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【友達】24歳の若いカップルと知り合って彼女をホテルに 続7編【体験談】

カテゴリー:


前編は以下のとおり



酔いで気が大きくなっていたのもあり、彼女はFの部屋に上がる事に。

部屋に入ってから話し合い再開、彼女の意見はこう。



あのギャルの子は遊びなのか、それともAが遊びなのか。

ギャルの子が浮気なら、Aが可哀相なのでやめて欲しい。

もしAは遊びなら、すぐに別れて欲しい。



彼女はかなり威勢良く責めていたみたいで、

Fもはっきりしない返事をしていたと。



でも、ここがFはすごいなと思った所なんだが

「Fの浮気」だったはずの話題が、Fと話し合ってる中で

いつの間にか「彼女がFに気がある」という話に変わっていた。






彼女酔っていた事もあって何故そうなったのか

わからなかったみたいだが、Fが上手にそういう話に持って行ったんだな



Fから

「飲み会で一緒になる度に先輩は自分を見ている」

「彼氏を呼ばないのは、やましい気持ちがあるから」

「Aを理由にして自分に会っている」



こういう類の内容を、強めの口調で言い聞かせられるように

言われた彼女。 もちろん否定はしたみたいだが、

それまでとは立場が逆転。



そしてFから「先輩、俺のこと好きですよね」という一言。

小さいテーブル挟んで向かい合っていたはずなのに、

この時にはもうFは彼女の隣にいた。



彼氏もいるのにそんなわけない、と当然否定。

「知らない女と俺がキスしてるの嫌だった?」とFに聞かれる。



もちろん否定、その最中もFがどんどん近付いてくる。

(彼女曰く、この時は会話の内容よりもFが近付いてくる事に

意識がいっていた)



続け様に「俺とAがキスしてるの嫌?」とF。

今だからこそ俺に白状してくれたが、この時には彼女もう心臓バクバク。



口では否定するものの、Fがもうすごく近くにいて、

彼女はFの顔を見れない状態。



で、これが彼女へのとどめの一言になるんだが。

「先輩さ、Aの事あまり好きじゃないよね?」

このFの指摘、実は図星。



彼女、Aの事は嫌いではなかったが、少しだけ重いと感じていた。

慕ってくれるのはもちろん嬉しいが、かなりの頻度で会いたがり

べったりなA



Aの話を聞くばかりで彼女がAに何か相談したりする事はない、

いびつな関係に少し疲れてたと。



周囲の人間はもちろん、彼氏も彼女にAと本当仲良いね

と言うくらいなので、これを見抜いたFは鋭い



これですっかり黙った彼女。

そのまま背もたれにしていたベッドに押し倒されキス。

抵抗はしたみたいだが、たぶん口だけ。



この日彼女は午前中に内定先に行く用事があったのでスーツだった

らしいが、あっという間に下半身ひん剥かれて手マン



手マンはねっとり丁寧系、指動かされながら、

どこが気持ち良いか、逐一確認をされたと。



この時点で彼女はイキ経験なし。彼氏とする時も、たまに一人でする時も、

何となく気持ち良くなって終わりばかり。



だんだんとFの手の動きが激しくなる。

痛くはなかったと言うので、Fも上手だったんだと思う。



彼女は経験した事ない快感に驚いて、ちょっと抵抗したらしいんだけど、

身体をFに押さえ込まれながら、そのままFの手で初イキ



力抜けちゃって彼女ちょっと動けなかったみたい。

若い男女がこれでおさまるはずもなく、結局その晩彼女はFに抱かれた。



このセックスは彼女にとっては中々記憶に残るものになったみたいで。

俺と初めて関係を持った時、Fとのセックスを思い出したらしい。



腕掴みや一緒に果てるみたいなのはなかったけど、

話を聞いているとひたすら弄ばれる感じ



ひたすら力強く突かれて、人生で初めて尻を叩かれて、

色々な体位もFとが最初。



手マンの丁寧さとは打って変わって、挿入してからは激しく暴力的。



避妊だけはちゃんとしてもらったが、お互い疲労困憊の状態で

朝方に就寝。

友達とのエッチを強要すると友情が壊れる事が多いので、性欲は無料アダルト動画で発散しておきましょう♪


エッチな関連タグ

||||

カテゴリ:友達の記事一覧(新着順)

【友達】24歳の若いカップルと知り合って彼女をホテルに 続7編【体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


オススメのエッチな体験談

エッチな体験談 前後のページナビ!

2016年6月15日 | エッチなカテゴリー:友達

このページの先頭へ