エッチな体験談 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【人妻】知り合いの人妻さんに筆下ろししてもらった 続続編【体験談】

カテゴリー:


前編は以下のとおり



彼女は何も言わず俺のパンツをずり降ろすと、

すぐさま俺のチンコを口いっぱいに頬張った



俺は完全に意表を突かれ

「はへぇっ!?」

と今まで出したこともない声を出してしまった



彼女は「んふう、ふう、んんうっ…」と声を漏らしながら、

焦点の定まらないような目で夢中で俺のチンコをしゃぶった



女性の性欲のピークは30過ぎからだと聞いた気がするが、

こういうことなのか…と、一瞬冷静になった俺は思った






口からチンコを離すと、今度は会陰から先端まで舌先で

舐めたり、頬ずりするようにチンコに顔を擦り付けていた

彼女の顔は、俺の我慢汁や自らの唾液でテカテカ光っていた。



俺の玉袋に鼻を埋めて深呼吸している

そんな彼女の姿を見ると、興奮を通り越してなんだか

もう愛おしくなっきた。彼女の髪をやさしくなでた



何も言わず彼女は自らパンティを脱いだ。

正直脱がせたかったが、意識は一瞬で初めての生マンに集中した。



彼女はソファーでM字に脚を開いた

「このまましちゃっていいかな…?」

「え?あ、はい!」



その時は適当に返事してしまったが、

多分風呂に入るかどうかを聞いたんだと思う



「入れて…」

「で、でもコンドームとか…」

「大丈夫だから…ほら、ここに入れて…」



我慢汁でも妊娠するし、そもそもこの状況が何一つ

大丈夫じゃないんだが、お互い性欲には勝てなかった



唾液と我慢汁でヌルヌルの俺のチンコが、

彼女のヌルヌルのおまんこの中にゆっくり入っていった

ニチチッニチッっといやらしい音が響く



「童貞卒業だね」

「あ、ありがとうございます…」

「ほら、そのままもっと奥まで突っ込んで…」



温かくてグチョグチョで、スムーズに一番奥まで入った。

陰毛が絡み合ってジョリジョリと音をたてた



「ほら、腰振ってみて…」

「こ、こうですか?」

大型オナホで予習済みの俺は難なく腰を振ることが出来た



「そう、上手っ…んうっ…はうっ…!」

「やばい…、ほんと、気持ちいいです…」



「わかってると思うけど、中には出しちゃダメだからね…?」

「あ、はい気をつけます」



「イキそうになったら教えてね、まだできる?」

「はい、まだ大丈夫です」



実は最初の初キスでイキそうになってたんだけど、

そこを耐えたお陰で一旦射精感の波は引いていた



「いっぱい突いてぇ…」

「は、はい!」



俺は立ち膝のまま猿みたいに腰を振った

射精感が高まるたびに小休憩を挟んだ。



ちょっと余裕がでてきて、せっかくだから、

いろいろ体位を試したくなった



俺はソファーに座り、彼女を立たせ、

俺の目の前で股を開くように注文した

人妻とのエッチな体験談の動画バージョン 人妻動画


エッチな関連タグ

||||||||

カテゴリ:人妻の記事一覧(新着順)

【人妻】知り合いの人妻さんに筆下ろししてもらった 続続編【体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


オススメのエッチな体験談

エッチな体験談 前後のページナビ!

2017年5月6日 | エッチなカテゴリー:人妻

このページの先頭へ