エッチな体験談 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【寝取られ】「君のお母さんは、私が戴いたよ。」 【体験談】

「君のお母さんは、私が戴いたよ。」



父の一周忌が終わった日、親族関係者が帰った後も、

最後まで残っていた部外者の男に、突然話を投げつけられた。

なんだこの男は? 一体何のことを言っているんだ?

僕はいきなりのことに、言葉の意味が理解出来なかった。



「亡くなったお父さんには申し訳ないけど、由紀子はもう私の女なんだ。」

父が亡くなってまだ1年だと言うのに、僕の母を由紀子と呼び捨てにし、

あげくの果てに俺の女だと言われて、ようやく事の重大性に気付いた。

「私のことを見たことはあるだろう? まだ入院している時の病院でも会ったことがあるし、

 お父さんの葬儀の時や、49日の時にも会っているはずだ。」

確かにじっくり見てみると、見たことがあるような気もする。

「自己紹介をしておくと、私は君のお父さんの上司だった・・・生きていた時のね。

 亡くなってからのいろんな手続きや、残務処理のために、こちらに何度かおじゃましてるんだ。」


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||

2015年5月2日 | エッチなカテゴリー:寝取られ

【寝取られ】プライドの高い妻だったけど(完結) 【体験談】

あの日、彼らは約束通り、夫の帰宅前に私を帰してくれた。

しかし些細な抵抗を理由に、結局、村松から渡された封筒は取り上げられ、

翌日も、その翌日も呼び出され、その度に私は彼らのオモチャにされた。



地獄のような屈辱の日々に思いつめ、いっそのこと死んでしまおうとさえ思った。

しかし、私が死んでしまえば、あの恥辱の映像が、どのように扱われるか分からない。

死んだ後であっても、絶対に夫や父の目に触れさせる訳にはいかなかった。



「奥さん、今日で本当に本当に最後だから、我慢してね」

そう言われて、神楽坂の料亭に呼び出された。



店に着くと、大きなテーブルのある部屋に通された。

既に村松、高野は来ていたが定森の姿は見えない。



「奥さんは、あちらの部屋で待機していてください」


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||||

2015年5月1日 | エッチなカテゴリー:寝取られ

【寝取られ】静岡の片田舎 【体験談】

<>139名前:えっちな18禁さん投稿日:2011/12/03(土)16:25:13.29ID:bRm7KKok0<>

KEKO1

静岡の片田舎。中学時代、部活が一緒だった同級生と付き合っていた。

「卒業したらね」ということでキスまでだった。

3年の初夏。部活後、自転車が壊れた彼女を後ろに乗せてペダルを漕いでいた帰宅の途上。

農道でワンボックスに追突され、転んだ我々は数人の男達により車内に拉致された。

僕は前席に縛られ目隠しされた。広い後席から彼女の悲鳴が響く。





<>140名前:えっちな18禁さん投稿日:2011/12/03(土)16:31:07.43ID:bRm7KKok0<>

KEKO2

「いやあああ!」「それは許して!」「痛い、痛い!やめてー!」「だめー!」

約1時間。車が去り開放され目隠しを解いた僕は、号泣する彼女の惨状に絶句した。

ユニホームはボロボロだった。下着も引きちぎられ、辛うじて彼女の身体に纏わっていた。

全身が汗と精液に塗れ、股間からは赤い血が滴り白いハイソックスを染めている。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||||

2015年4月30日 | エッチなカテゴリー:寝取られ

【寝取られ】自慢の妻が 【体験談】

<>978名前:名無しさん@引く手あまた[sage]投稿日:2014/08/31(日)20:00:47.55ID:f1R5h+2L0[4/9]<>

私は33歳の社内SEです。

関東の農機具会社に転職したばかりです。

妻は今年で28歳になり大手企業の受付をしていましたが2年前に私と結婚し退職しました。

自分で言うのもなんですが妻は中々の美人で、口数も少なく清楚という雰囲気の私の自慢の妻です。

私はこれまでは世界的IT企業でエリートとして認められてきましたが、社内SEに転職してからは

なぜか営業の方々のカバン持ちとして

トラクターやそのほかの機械を買ってもらうために毎日農家に通う毎日です。

この新しい会社で認められようと必死で働いていますが

優等生で育ってきた私には、粗暴な言葉遣いの若い農家の人たちが怖く、なかなか馴染めず、

また営業の方がたに認められようと卑屈になるため、ほとんど舐められまくりの毎日です。

年下の農家の人たちに、呼び捨てにされて、ほとんど小間使いのように農業の手伝いまでさせられている始末です。

また会社の中でも、現場を知らないという気後れと、みんなとうまくやらなければならないとの思いから必要以上に気を使い、

結局は高卒の若い社員にまであごで使われるようになってしまいました。




体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||||

2015年4月29日 | エッチなカテゴリー:寝取られ

【寝取られ】婚約者を御曹司に肉体改造された2 【体験談】

図書館で、大学のレポートを書いている僕。友達も少ない僕は、いつも一人で寂しくそれをしていた。

でも、ふと顔を上げると、同じようにレポートを書き続けるさとみさんがいる。

相変わらず、オシャレとは縁遠い眼鏡に、毛玉の浮いたセーターを着たさとみさん。そんな野暮ったいさとみさんだけど、生まれて初めて僕に出来た彼女だ。僕はレポートを書く手が止まり、ついつい見とれてしまう。



こんな風に、図書館に行ったり、公園で散歩をしたり、映画館に行ったりするくらいの、本当に地味なデートばかりだが、僕は幸せだった。



すると、さとみさんも顔を上げた。そして、見つめていた僕の視線に気がつき、少し驚いた顔をしたあと、ニコッと微笑んでくれた。

『サボっちゃ、ダメだよ』

さとみさんは、少しはにかむように言う。そんな仕草が本当に、可愛いと思う。



僕は、慌ててレポートを書き始める。でも、レポートを書いていても、さとみさんのことばかり考えてしまう。

公園を歩いているときに、恥ずかしそうに手を繋いでくるさとみさん。緊張で、すぐに手のひらが汗でベタベタになるさとみさん。

そんなことばかり考えてしまう。



そして、ふと顔を上げると、さとみさんは僕を見つめていた。目が合うと、慌ててレポートを書き始めようとするさとみさんに、


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||||||||||||||

2015年4月28日 | エッチなカテゴリー:寝取られ

【寝取られ】ただ一つのことのために全てを晒した妻 【体験談】

私は東京外国語大を卒業し松○電工の本社に就職しました。今は名前が変わってしまった会社です。

そこで5つ年上の今の夫と知り合い、25歳の時に結婚しました。

夫は私を本当に愛してくれ、私も夫を心から愛し、幸せな結婚生活でした。

しかし、結婚から1年後、義父が舌癌に掛かってしまったため、夫が実家の工場を継ぐことになりました。

夫の実家は都心から車で2時間以上掛かる田舎にあったため、私も夫と同時に会社を辞めてにUターンしました。

夫の工場は、地方にある農機メーカーの下請けでした。夫が社長になって、しばらくは非常に順調でした。。

発注元の農機メーカーからも先代と同様に発注して貰え、

私も専務などと煽てられて、従業員達と一緒に社員旅行で海外へ行ったりもしました。

ところが、折り悪く、リーマンショックによる大不況の波が当社にも押し寄せ、経営は非常に苦しいものとなりました。

売上の大部分を占める農機メーカーからの受注が一気に減ったことが大きな原因でした。



給与などの支払いが自転車操業状態に陥り、工場を閉鎖することも視野に入れなければならなくなりました。

しかし、従業員の多くは再就職の難しい年配者であったため、彼らの生活をなんとか守りたいという夫に

私も同意見でした。

なにより闘病生活を送っている創業者である義父にとって、工場は生きがいそのものだったのです。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||||||||||||||

2015年4月27日 | エッチなカテゴリー:寝取られ

【寝取られ】恥ずかしがりの嫁と俺の親友のマッサージ6 【体験談】

俺が酔いつぶれて寝ていると思った景子と浩介。二人は、俺に内緒で口でした。これまでとは違う、俺の見ていないところでの行為に、俺は激しく動揺した。でも、それ以上に興奮してしまったようで、パジャマの中で手も触れずに射精してしまった……。







「今日は、浩介としないの?」

何も知らない振りをして、景子にそう言う俺。

『しないよ。でも、して欲しいの?』

景子は、妖艶な笑みを浮かべて言う。一気に空気が変わった感じがする。

俺は、黙ってうなずく。

『じゃあ、行ってくるね。ちゃんと動画撮っとくね#9825;』

そう言って、景子は寝室を出て行った……。



俺は、どうしようか迷った。このまま、本当にここにいていいのか……。

景子は、浩介とセックスをするとき、集中できないから見ないでくれと言った。でも、本当に二人きりにしていいんだろうか? 景子は、俺を試しているような気もする。




体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||||||||

2015年4月26日 | エッチなカテゴリー:寝取られ

【寝取られ】なまりのある彼女と、俺の親友の秘密レッスン完 【体験談】

同棲もしている彼女の玲奈が、俺を喜ばせるために、俺の親友の祐介と秘密のレッスンをしていた。

それは限りなく浮気に近いと思うが、玲奈の気持ちは間違いなく俺にあると思えた。



しかし、この前3人で飲んでいるときに、酔いつぶれて寝てしまった俺に隠れて、二人は色々なことをした。そして、セックスまでしてしまう気配だった。

かろうじて身体を張って止めることが出来たが、二人が結ばれてしまうのは時間の問題に思えた。



俺は凄く迷っていた。あの時二人を止めたことを、後で後悔した。玲奈が、他の男に抱かれる……想像するだけで、呼吸が荒くなるくらい嫌なことなのに、興奮してしまう。そして、それを見てみたいと思う俺……。



止めるべきか、止めずに見るべきか……結論が出ないまま日々が流れる。



そして玲奈は、俺に対して後ろめたい気持ちを持っているからか、今まで以上にエッチなお誘いが増えた。



二人で夕食を食べいてると、

『仁志君、今日ね、良いもの買ったんだ』

と、良いものを買ったというわりには、恥ずかしそうな口調で言ってきた。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||||||

2015年4月25日 | エッチなカテゴリー:寝取られ

【寝取られ】人妻 香苗 3 【体験談】

21





香苗 「…ぁ……あの……」





中嶋 「ハハッどうしたんです?そんなに驚いた顔して。僕の顔に何か付いてます?」





香苗 「い、いえ別に……あの…中嶋さんはどうして…?」





香苗は午前中、隣からの中嶋の声を聞いた時から疑問に思っていた事を中嶋に聞いてみた。






体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||||||

2015年4月24日 | エッチなカテゴリー:寝取られ

【寝取られ】急にいなくなってしまった妻が 【体験談】

妻のまりやが、ある日いきなりいなくなった。

結婚して6年過ぎ、子供も小学校に上がって幸せな毎日だと思っていた。それが、一枚の書き置きだけを残していなくなってしまった。





まりやは29歳の専業主婦で、170cmと長身だが、童顔というかちょっと眠たい顔をしている。モデルの西内まりやに似てると言われることがちょくちょくあって、本人も意識して同じような髪型にしたりしていた。

僕と知り合ったのは病院で、バイクで事故って入院した病院にいたのがナースのまりやだった。



背が高いので、普通のナース服がちょっとミニスカっぽくなっているのと、胸のところが凄く盛り上がっているのが強烈な第一印象だった。



ただ、見た目はマイルドで童顔なのに、中身は結構キツくて、入院しているおっさんや若い子達にセクハラっぽいことを言われると、汚物を見るような目で、

『奧さん(お母さん)に警告しときますね』

と言い、本当に実行する強気な女だった。



僕は生まれつきの弱気が功を奏し、変なことを言ったり、手を握ったりしない”良い患者”という地位を獲得した。

入院していた1ヶ月弱の間で、かなり親しくなって、雑談とかもよくしたが、番号の交換やメルアドの交換などは出来なかった。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||||||||||||||

2015年4月23日 | エッチなカテゴリー:寝取られ

このページの先頭へ