エッチな体験談 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【痴漢】若い男2人組に 最終【体験談】

前編は以下のとおり











私は不規則に荒い息を吐きながら、力の抜けた体をぐったりと高原の胸に預けた。頭が朦朧とする。片桐がスカートに手を掛けているが、私は体を動かすこともできない。



「しっかしなあ、お願いしますいかせてください…なんて、よく言えるよなあ、うん?」スカートのホックが外されて、するりと脚から抜き取られる。「ホントですよねえ。これじゃ強姦罪も成立しないんじゃないすか?



俺たちこいつがしてほしいことしてあげてるだけですもんね」片桐の手によって、スカートに続き愛液にぐっしょりと濡れた下着も脱がされていく。私はもう生まれたままの姿にされていた。片桐の手のひらが太股から脇腹の肌をそっと撫でていく。



「さて、次はどうやって遊んでやろうかなあ…」

「…あのー…すみません、片桐さん…」

高原がもどかしそうにもぞもぞと腰を動かした。ジーンズの中でガチガチに屹立したものが私のお尻の割れ目に当たっている。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||||||||||||

2013年9月30日 | エッチなカテゴリー:痴漢

【近親相姦】パイパンの叔母と風呂に入って【体験談】

親戚の叔父が再婚した。前の嫁さんより若い24歳のスリムな人。

ちなみに叔父は32歳。



俺の家は父と母が共働きで夕方~朝まで居酒屋を営んでいた。

毎週土曜日は、叔父が奥さんと俺の家に泊まりに来る。



父と母の居酒屋で食事をしてから泊まって日曜日に帰るんだ。

居酒屋と家は目と鼻の先だから。



当時の俺はまだ小4だったのもあり、

いつも一人ぼっちだから叔父夫婦が泊まりにくる土曜日は嬉しかった。



ある土曜日、叔父は珍しく酔い潰れて爆睡。

遊んでもらえず、プレステ2でゲームをしてた。




体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||||||||

2013年9月30日 | エッチなカテゴリー:近親相姦

【複数・乱交】ぶりっこ系お嬢と3P【体験談】

乱交ではなく3Pの話ですが・・・



俺が二十歳ちょっとの時、パチンコ屋でバイトをしてた。



やったことある人は分かると思うけど、パチ屋のバイトって人数も多いし、女率も高いので、学校みたいな感じで皆、仲が良かった。



その中で、俺は同い年の山本と仲良くなった。



山本は地方出身で中卒で、世間で言うDQNだったらしく、中学卒業後は先輩とつるみ、相当な悪さをしてきたらしい。



山本はよく、「ナンパした女を半ば無理やりラブホに連れ込んで、よく複数プレイをした」という話をしてくれて、



複数プレイの経験が無かった俺は、すごい羨ましくていつか俺もやりてーとか言ってた。



バイトの話に戻るけど、女もたくさんいて、しかも早番だったので、仕事帰りにバイトのメンバーでよく飲みに行ってた。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||||

2013年9月30日 | エッチなカテゴリー:複数・乱交

【友達】久しぶりに飲み屋のホステスと【体験談】

久しぶりに飲み屋のホステスと・・・

ボク38妻子持ち ホステス27



大人数で使うため、使い勝手のいい廉価クラブの担当

店外は一度ランチしたくらいかな~

あまり酒は飲まないが元気な子



仕事は出来るので、指名していたが、チキンなボクは口説いて事に及ぼうとは思わなかった。。。



でもアフター三回目くらいで「好きなんです」と・・・



2時前から鉄板焼き食べて、泡飲んでたんですが

場所を変えたい・・・とのこと。



シャンパン残ってるのに、もったいないのを我慢してラブホへGO!!


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||

2013年9月30日 | エッチなカテゴリー:友達

【人妻】綺麗なお姉さんと息子を乗せた時の話【体験談】

俺さ、タクシーの運転手してんだよ。

で昨年の夏の20代後半のちょいと綺麗目のお母さんと、息子を乗せた時の話。

車の乗り込むなり、あくびばかりしているのよ、お母さん。

お疲れですか?と話しかけると

母「ちょっと寝不足気味でねぇ」

俺「最近暑い夜が続いてますからね。」

母「本当に寝られなくて・・・」

と話していると、三歳くらいの息子がね

「お母さん、お父さんのオチンチンなめて夜寝られないないんだよね。」

と屈託なく話すのw

人の顔って、あんなに赤くなるもんなんだね・・・。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||

2013年9月30日 | エッチなカテゴリー:人妻

【露出】借金2 【体験談】

の続き



んじゃアナル

とかいきなり言えないしもう一度ホテル戻ってアナルセックスとかはさすがに面倒だ

そもそもアナルセックス自体にはそこまで興味が無い

まぁ征服してる感は好きだけど



何しようか悩む

ここで意外と自分がチキンな事に気づく

虐めたいけど無茶なことすると自分が怖いというジレンマ

でもあんまり悩んで、奥さんが冷静になっちゃうのも嫌なので

とりあえずもっとスカート短くするように言ってみた。

これ以上短くしたらワカメちゃんになりそう

あそこまで短くはないだろうけど普通に立ってるだけでチラッと見えちゃうんじゃね?って感じにはなりそうだ




体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||||

2013年9月30日 | エッチなカテゴリー:露出

【浮気・不倫】彩さん3 【体験談】

前々作:

前作:



彩さんとの不倫性活、バレるのは怖いけれども刺激も楽しみたいなんて

思っていた時にしてみたのが温泉デートです。



俺は休日出勤、彩さんは陶芸教室のお友達と日帰り旅行ってことにして

土曜日に時間を作ったら、いざ阿蘇の麓へ。

ブラック気味な会社に勤めてる俺は休日出勤なんかあたり前、彩さんの

趣味は昔から陶芸なんで、アリバイ工作はまず大丈夫。

走行距離でバレることも考えて移動はマイカーではなくレンタカー。

ヘタレな俺は慎重なんです。



彩「オハヨー!」

待ち合わせ場所で彩さんを拾ったら、車の中では早速貝殻つなぎ。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||||||||

2013年9月30日 | エッチなカテゴリー:浮気・不倫

【彼氏・彼女】忘れられないテクニック【体験談】

忘れられないエッチのテクニック・・・前の彼でした。



ディープキスしながら、片方の手で乳首をいじって、 もう一方の手は中指で挿入。その手のひらでクリをもんでくれて、 そのきもちいい4箇所をずーっと刺激してくれた。



あたしはくうん、くうん、って喉を鳴らしてよがって、彼の唾液を飲んで、舌を吸って、おっぱいをつきだして、脚を大きく開いてされるがままに感じていました。



そのうち、たくさん濡れて来てしまって、中に入っている指が増えていたみたいでした。 気持ちよくて気持ちよくて、ほとんどこの頃には泣いていました。



濡れすぎててよく分からなかったけど、前の彼はお尻のほうにも指を入れていたと思います。 すごくぐちゅぐちゅ音がしていました。



「変なかんじがするよぉ、気持いいよぉ!!」

名前を呼びながら、泣きながらよがっていました。



前の彼のはすごく大きくて、入れてもらったら苦しいくらいでした。脚をM字に開かされて入れられたり、肩の上にされたり、四つんばいにさせられたり、いろいろな格好でされました。




体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||

2013年9月30日 | エッチなカテゴリー:彼氏・彼女

【職場】ムチムチのボディーライン 続編【体験談】

前編は以下のとおり





クリの周りをなぞるようにしたり、でも穴には直接触れずに焦らしていった。



俺「ねぇ、どうしたい?」

3度目に俺が耳元で囁きながら聞くと彩子は遂に陥落した。



彩子「このオチンチンが欲しい・・・」そう言うと俺の前に跪きズボンのチャックを下しパンツのナニの取り出し口からすぐに俺のチ○ポを取り出した。



まだ、シャワーも浴びていない、ムッとした臭いがするであろう俺のチ○ポを酔って興奮しているせいか、彩子は躊躇なく口の奥まで咥え込んだ。



チ○ポに生暖かい感触が広がる。俺も酔っていたせいかいつもより大胆になっていた。そのまま彩子の頭を掴みイラマのような形で前後に腰を振った。



少し苦しくなったのか彩子はチ○ポから口を離し、「ねぇ、入れて欲しい」そう言った。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||

2013年9月30日 | エッチなカテゴリー:職場

【友達】同期と【体験談】

私は無言で、背中を向けて寝ているアキコの肩に手をかけ、強引にこちらに引き寄せました。

「なにすんのよ!」と怒鳴るアキコ。

 ここでひいたらダメだ。と自分に喝を入れる。

「うるせえよ! 何様のつもりだ。俺はもう一回したいんだよ。足開けよ」と怒鳴り返す私。

 あぁ、言ってしまった。と内心ビクビクしていたのですが、その一言で突然アキコの態度が変わりました。

「ご、ごめんなさい・・・。お願いだから乱暴はしないで・・・」

 お、なんだ思ったより従順だぞ。

 どうやら、いつも穏やかな私がそんなに怒るとは思っていなかったらしく、キレたと思ったみたいです。

「お前はいつも男にそんな態度をとってたのかよ。山本にも」

「だ、だってセックスするなら気持ちいい方がいいし・・・」

「いままで何人の男にそんなこと言ってきたんだ? え?」

「そ、そんなの、覚えてないよ・・・」

「覚えられないほどたくさんかよ。この淫乱女!」

 語尾を荒げて怒りをむき出しにする私に対して、おびえて従順なアキコ。そんな姿に私の欲望はもう爆発すんぜんです。

 こちらとしては、彼女に暴力を振う気はないのですが、なめられる気もないので、やや乱暴に彼女を抱き寄せ、私に奉仕させることにしました。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||

2013年9月30日 | エッチなカテゴリー:友達
1 / 8712345...102030...最後 »

このページの先頭へ