エッチな体験談 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【出会い系】ダイエットに成功した女がSEXに目覚めたww 【体験談】

<>1:名も無き被検体774号+2014/03/01(土)21:40:28.17ID:lLZaTPVp0<>



ダイエット指南はできませんが



<>4:名も無き被検体774号+2014/03/01(土)21:41:59.72ID:P792zWMA0<>



経験何人?



<>6:名も無き被検体774号+2014/03/01(土)21:43:00.15ID:lLZaTPVp0<>



経験人数はもうすぐ100人いきそうです。

60人超えたくらいからちゃんと数えてません



<>9:名も無き被検体774号+2014/03/01(土)21:44:06.55ID:OwWqLfme0<>




体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||||||||

2016年3月30日 | エッチなカテゴリー:出会い系

【フェラチオ】体育祭を抜け出してブルマ姿の先輩と後輩と濃厚なエッチ【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

「不良グループの美人先輩と後輩を交えた初体験」

「セフレのヤンキーギャル2人と学校サボって海水浴に行った」

の続きです。

中2の時、俺は3年生の梨奈先輩と1年生の千夏、2人のヤンキーの女の子とセフレのような関係にあった。

放課後、時には学校をサボって梨奈先輩の家で3人でエッチをしまくった。

夏休みが明けて2学期がスタートすると、放課後の校内で3Pをする事もあった。

空き教室、別棟のあまり使われていないトイレなんかは絶好の場所だった。

9月の末、体育祭の前日に梨奈先輩からメールが来た。

『午後の競技が始まる前に体育館裏に来て』

梨奈先輩からのお誘いに、AVやエロ漫画でよくある体育倉庫でエッチができると思いテンションがあがった。

体育祭当日、競技自体何の興味も無くダルかったが、梨奈先輩と千夏が見ていると思うとテンションが上がり、いいところを見せてやろうと思った。

一方意外にも梨奈先輩と千夏も競技に一生懸命だった。

梨奈先輩は元バレー部で、素行不良で退部にならなければレギュラー候補であったと千夏から聞いた事があったし、千夏はそのバレー部に現在も所属している。(俺たちの中学は入学時、強制的に部に所属しなくてはならない校則があった)


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年4月23日 | エッチなカテゴリー:フェラチオ

【フェラチオ】【お勧め】ぽっちゃり系で地味な彼女の友達に一目惚れ【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

自分は、ぽっちゃりした女の子が好きなんです。

そういう子に出会う機会が無くて、今までの彼女もほとんどが細いタイプ。

ぽっちゃりと言っても、腹が出てダルマ体型なのは僕の中ではデブでNG。

自分の中のぽっちゃりというのは、全体的にムチムチしてはいても女性としての体のラインは崩れてないタイプ。

マミに出会ったのは彼女の友達としてでした。

当時の彼女の中学時代からの友達らしく、凄い大人しくて人見知り。

彼氏も出来たことも無く、彼女の話だとまだ処女らしい。

美形の彼女に比べると地味でファッションセンスも全然いけてないけど、ジーパンをムチムチに押し上げてる尻から太もものラインと、彼女では考えられないすごい揉みごたえのありそうなデカイおっぱい。

丸くて可愛い顔に腫れぼったい唇。

「はじめまして」

と何食わぬ顔で挨拶しつつ、既にチンコビンビンでした。

自分は大学生なんですが、彼女もマミちゃんも高校生で、色々聞いてみると本当に彼氏とか居ないらしい。

キスも無いというから当然Hの経験も無いのは明白。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年3月24日 | エッチなカテゴリー:フェラチオ

【おっぱい】クラスにいた爆乳の女の子にパイズリしてもらった話【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

もう10年くらい前の話。

中学の同じクラスに巨乳の女の子がいた。名前はミユとしておく。

とにかく何を着ても胸だけが目立つ。制服でも私服でも体操着でもコート着ててもオッパイがデカいのが分かる。

ミユはそれほど性格が悪いわけでもないのに友達が少なかった。

近くに来ると何となく引いてしまうというか、やっぱり胸の迫力だったのかなと思う。

いじめを受けていたほどではないが、何となくクラスの中でも虐げられている感じだった。

ただ、クラスの一部の男子には「爆乳女」と言われてた。

僕も友達が多い方ではなく、スポーツ苦手で同じような友人とアニメの話をするのが好きな草食系。

まあ弱々しいといってもそこはやっぱり男、彼女の巨乳に好奇の目が行かないわけがない。

スケベなアニメ雑誌が大好きで、それに登場する巨乳の女の子をミユに投影させていた。

ある雑誌で衝撃的なシーンが頭からこびりついて離れなくなったんだけど、それは性器を巨乳で挟んでもらって思いっきり射精してるシーン。

よほど気持ちいいんだろうなと思い、ミユの巨乳を思い描いて溜め息をついていた。

ミユの事は、好きと言えば好き。割りと気になる存在。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2015年3月23日 | エッチなカテゴリー:おっぱい

【寝取られ】ロリ妻環奈と高校生の彼氏 【体験談】

僕の妻は、よく未成年に間違えられる。実際の年齢は27歳で、とっくの昔に成人式を終えた人妻だ。

でも、夫の僕から見ても、美魔女とかみたいに無理矢理若作りしているだけの化け物ババァとは違って、本当にロリに見えると思う。



妻の環奈は身長148cm、体重は教えてくれないが、下手したら40kgないんじゃないのか? と思うような軽さだ。そして胸は、Aカップ……もないかもしれない。服屋さんで、店員さんにAAカップだと言っているのを聞いた気がする。

そんな体型で、顔も童顔なので、本当に子供みたいだ。顔も体型も含めて、見た目は子供の名探偵に出てくる、同じく見た目は子供の元悪の組織のメンバーの女の子に似ていると思う。



そして、ただでさえロリキャラなので、僕は常々やめた方が良いと言っているのだけど、かたくなにツインテールをしている。ツインテールは、20歳以上がするのは痛いと言われる髪型だが、良い悪いは別にして、環奈はツインテールをするために生まれてきたくらいに似合っている。





こんな見た目なので、さっきも書いたが、未成年に間違えられることが多い。間違えられることが多いと言ったが、実際は間違えられるのがデフォみたいな感じだ。女子大生とかではなく、女子高生に間違えられて、警察の人や補導の人に驚かれるパターンにも慣れてしまったようだ。



そして僕は、嫁の環奈より2歳若いけど、常に年上に思われる。実際に夫婦生活をしている上でも、僕がすべてリードする感じなので、僕自身も年下だという事は忘れがちだ。



自分の嫁が若々しくて、可愛いロリ嫁なのは、友人に言わせると羨ましいらしい。僕も、環奈との毎日の生活は本当に楽しくて幸せだと思っている。




体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2015年3月20日 | エッチなカテゴリー:寝取られ

【寝取られ】ロリ妻環奈と高校生の彼氏 完 【体験談】

妻がイケメン高校生のタケル君とデートをする。それは、ちょとしたゲーム的な物だと思っていた。デートというものに対するただの好奇心で、すぐに終わるものだと思っていた。

デートといっても、公園とかせいぜいカフェにでも行く程度……そう思っていた僕の目の前で、環奈は大きな口を開けてタケル君の若いペニスを口に含もうとしている。



確かに、タケル君のものを口でするとか、口に出されたアレを飲むとか言っていたが、そんなのはただの煽り文句で、嫉妬して変な風に興奮する僕をからかって言った言葉だったはずだ。



それなのに、クローゼットの中に隠れる僕の目の前で、今まさにタケル君の立派なペニスを口にしようとしている。





僕の目の前には、ツインテールに、花柄のミニスカートとブラウスを着た、どう見ても未成年の環奈がいる。胸もぺったんこで、ブラのサイズもAAカップという、そんなサイズがあるんだ……と思うようなサイズだ。童顔で、アニメキャラみたいに可愛らしい顔立ちの環奈は、それでも実年齢27歳だ。アニメ声優の永遠の17歳というような無理無理な感じではなく、実際にどう見ても未成年という感じの環奈。



それが今、僕たち夫婦の寝室で、大きく口を開けて他人棒をくわえようとしている。

あぁ、やめてくれ……そう思う僕の目の前で、タケル君のペニスをくわえた環奈。それを見た瞬間、僕は目を閉じてしまった。夢なら醒めてくれ……そんな気持ちで目を開けたが、環奈はリズミカルに頭を振り、フェラチオをしていた……。



自分の愛する妻が、他の男のモノをフェラチオするのをみて、僕は思考停止してしまった。止めに飛び出ることも出来ず、ただ見続ける僕。




体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||||||||||||||

2015年3月15日 | エッチなカテゴリー:寝取られ

【初体験】【痴漢】試験のために大人しい格好をしてたことが仇になった【体験談】

嶺緒さん(10代)からの投稿

—-

前回の話:小学6年生の時に初めて痴漢に遭った

とある試験を受けに他の市へ電車で向かっていました。

遅れるより早く着く方がいいと思い、向こうに着けばいい時間の電車の時間よりも2時間早く家を出てしまいました。

早すぎですよねw

その時は、制服です。

スカートは短めで少し薄めの生地。(少し透けている)

夏なので薄い半袖の制服です。試験ですので、派手な格好はできません。

見た目をよくするためにおとなしく見える状態にしました。

耳下でツインテール。

目が悪いので、メガネをしています。

その日は休日でも夏休みでしたから満員電車で、私はギュウギュウと押しつぶされていました。

そんな中、私は負けじと好きなアニメの小説を立って読んでいました。

(人に押しつぶされててほとんど頭に内容が入ってこない)


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||||||||||||||||

2015年3月8日 | エッチなカテゴリー:初体験

【フェラチオ】面接に来た18歳の女の子とカラオケに行った【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

もう10年近くも前の事です。

私は飲食店の店長をしていました。

8月も終わりに近づいた頃の出来事。

働いていると面接希望の電話がありました。

名前と連絡先を聞いて、とりあえず面接に来てもらうことになりました。

その子の名前はナナとしておきましょう。

年齢は18歳で、地方の大学に通っている。

今は夏休みで、休みが終わるまでバイトしたい。

見た目は黒髪のポニーテール。胸はBぐらい?。メガネをかけ、Tシャツジーパン。色気ゼロ。

間違いなく男性経験はない!と確信。

私はその子に1ヶ月も期間がないので採用が難しいことを伝え、そのまま雑談に・・・気づいたら次の休みにカラオケに行く事になっていました。

休みの日、待ち合わせ時間は朝9時半。とあるコンビニで。

9時半がいいと言ったのはナナの方でした。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2015年2月8日 | エッチなカテゴリー:フェラチオ

【人妻】先輩に彼女作ろうと奮闘してたら俺が結婚する破目になった【体験談】

俺:割と社交的だけど人の好き嫌いが激しい 25歳フツメン

A先輩:ものすごくいい人だけど女とまともに話せない ピザデブヲタ34歳 



結婚する破目になった子を嫁とする

かなり小柄(140台)でちょい巨乳(D)。まあまあ可愛い。

幼稚園~中学校まで同じ学校にいた。A先輩絡みで偶然再会することに。



A先輩とは出身大学や学部が同じ事もあって、結構年が離れてるけど仲良くしてもらってた

事の始まりは1年弱ほど前に2人で飲みに行った時。



A先輩「あーなんか最近さびしいんだよね」

俺「え、どういうことですか?」

A先輩「なんかこのままずっと一人で、家に帰っても会話する相手もいないのかと思うとさ」

俺「Aさんずっと彼女とか要らない、ヲタ道を生きるって言ってたじゃないですか!」

A先輩「それは去年までの話。俺もやっぱ人のぬくもりが欲しいよ」


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||||||||

2015年1月31日 | エッチなカテゴリー:人妻

【M男】女子更衣室の秘密 【体験談】

「ようやくこれを実行に移す時が来た。」僕は手製のカギを握りしめて震えた。

インターネットで手に入れたカギの簡易複製キットで作成したカギ。

オリジナルのカギは全校集会で貧血で倒れたふりをして無人の職員室から10分だけ拝借。粘土で型を取った。



年上のお姉さんと付き合うのを夢見て、全寮制の中高一貫校に入った。

実際に待ってたのは、この背の低さと童顔からくるカワイイキャラの定着。



高等部や中等部3年の上級生、中2の同級生はもちろん下級生の女の子、果ては男にまで「かわいい」呼ばわりされる。

実際、学校のイベントのときにはアニメキャラの女の子のコスプレをすると、下手な女子より受ける始末。



でも本当は男としての性欲が人一倍強くて、休みの日は朝から晩までチンチンをいじっている。

とにかくお姉さんが好き。全寮制とはいえ男女で棟は違うけど、食堂なんかは共用。一日中回りに大好きなお姉さんたちが居る。でも触れることもできない。せめて、このたまりにたまった鬱憤を晴らしたい。

それで思いついたのがこの作戦。



日が傾き、廊下は陰り始めた西日に照らされている。学校の裏は広大な林なのでヒグラシの声が鳴り響く。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||||||||||||||

2015年1月27日 | エッチなカテゴリー:M男
1 / 4112345...102030...最後 »

このページの先頭へ