エッチな体験談 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【寝取られ】嫁を後輩に寝取らせました 続38編【体験談】

前編は以下のとおり



嫁がアクメを迎えた。

後輩の腕を掴み、いつものように身体をしならせてイッていた。



痙攣が収まるのを待って、後輩が腰の動きを再開。

この時初めて後輩が喋った。



「なんか、離れたくないな・・・・」

嫁は無言。でもすぐに喘ぎ声を出し始めた。



「あんっ!あんっ!あんっ、ダメっ、いやっ、いやぁ!」

凄く気持ち良さそうなのに、「だめ!」とか「やだ!」

て言葉が多くなってった。




体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||

2016年8月2日 | エッチなカテゴリー:寝取られ

【寝取られ】嫁を後輩に寝取らせました 続37編【体験談】

前編は以下のとおり



雰囲気的にもう終わり。

シャワー浴びて戻ってきた後輩が、ワイシャツを着てたのが

見えた時は、少し安堵した。



残り2時間程度たったので、再生を早回し。

みるみる明るくなって行く部屋の中。



動画に写ってなかった夜中の数時間や耳元の嫁の囁きを

どうやって後輩に聞こうかと考えていると、7時30分位だったと思う。

服を着た嫁が後輩の手を引いて部屋に入ってきた。



軽くフェイントというか、出し抜かれた感じがした。

安心したのに見事に裏を書かれた?みたいな動揺。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||

2016年8月1日 | エッチなカテゴリー:寝取られ

【高校生】高嶺の花と呼ばれる同級生が実はノーブラだった【体験談】

俺が学生だった頃の思い出話。

俺には今でも忘れられない女子がいて、
その子とのセックスが俺の今までの経験の中でも最高だ。

その子は見た目も可愛くて勉強やスポーツの成績も抜群。
しかも顔だけじゃなくてスタイルまで抜群。
高嶺の花ってのはこういう子の事を言うんだろう。

けど不思議な事に誰とも付き合ってなかった。
誰かがコクっても断られたって話しか聞いた事が無い。
意地の悪い奴は援交してるって勝手に噂していたが、
当の本人は気にしている様子も無かった。

俺は彼女との仲はボチボチ良かった。
惚れてはいたんだけど、俺如きでは付き合える筈も無い、
そう思い告白はせず友達として付き合っていた。

けど彼女は妙に体を密着させたり手を繋いだりしてくるんだ。
部活が終わって汗臭いのも気にせずくっついてくる。

(俺に惚れてるんだろうか・・・)

そんな事が頭をよぎるんだけど、こちらからは踏み出せない。
そんな葛藤を持ちながら彼女と向き合っていた。

それがある日を境に一変した。

俺が部活が終わってシャワーを浴びていると、
突然水が出なくなった。

彼女は俺の部活のマネージャーもやっていたので、
俺が騒いでたのを聞きつけて突然シャワー室へ入ってきた。

てか、俺は全裸でフリチンなんですけどwwww
そんな事もお構いなしに彼女はあーでもないこーでもないと、
シャワーを弄り始める。

もう良いよ出るからと言いかけた途端、突然勢いよくシャワーが出た。
そして彼女は水を浴びてビショビショに。

その時の彼女のを見て、すっげービックリした。
なんと彼女はノーブラだった!



体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||||

2016年7月26日 | エッチなカテゴリー:友達 学校 高校生

【寝取られ】嫁を高校生の甥っ子とセックスさせてみた 続続編【体験談】

前編は以下のとおり



そして土曜の午後、自宅に翔太がやってきた。

(ちなみに賃貸マンション住まい)



ここ数年まともに親戚づきあいしてなかったが

実は自転車で30分しか離れてないところに住んでる。



嫁と翔太はリビングのソファーのところにいる。

俺は二人の隣で見ている。



「ねぇ…涼子さん。本当にいいの?」

期待に目をうるうるさせて嫁を見つめる翔太。

なんというか小動物的な魔性の可愛さがあるな、この子は。




体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||

2016年1月4日 | エッチなカテゴリー:寝取られ

【人妻】悪ノリしてブラジャー早外しゲームをやった時の話【体験談】

エッチな関連タグ

|||||||

2015年11月28日 | エッチなカテゴリー:人妻

【近親相姦】義姉のTシャツの胸に浮かぶオッパイとポッチ、食い込むスパッツ【体験談】

嫁と義姉とで買いものに出かけたんだ。俺は、運転手兼荷物持ちだ。

和気あいあいと3人でどうでもいいような話するんだけどさ。



義姉が、嫁に俺のこと言いだしてさ。

笑いながら、冗談なんだろうけど。



「こんないいダンナなんてそうそういない、私が嫁より早く知り合ってたら

よかったのに、今からでも取っちゃっていい?」とか言うんだよね。

恐るべし、義姉独身の身軽さ大胆さ。



俺はどうしようもなくて、おねえさん、困りますよーなんて、

アヘアヘ笑ってたんだけど、義姉のあのエロい身体付きを思い出したら、

それでそんなこと言われたら、おかしくなりそうだったよ。



家に帰ったら、義姉はいつもの無防備さを晒け出して、俺はトイレに直行。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||||||||

2015年10月24日 | エッチなカテゴリー:近親相姦

【寝取られ】可愛い年下の彼女がおっさんに公開調教されてた 【体験談】

レナちゃんの家庭教師を始めてからというもの、安心してセックスが出来るようになった。



それまでは、漫画喫茶やビルの屋上なんかでこそこそやっていたが、今ではレナちゃんの部屋で愛し合えるようになっていた。

ただ、外でのセックス、、、それも、人が近くにいるような状況でのセックスに慣れてしまったレナちゃんには、普通に部屋で愛し合うのは刺激が足りない部分もあるようだ。





レナちゃんは、基本的にはまじめで一途な可愛い女の子なのだが、セックスに関しての好奇心が強すぎるところがある。

学校にノーパンで行ったり、ローターを入れたまま授業を受けたり、習い事のピアノの教室にもノーブラで乳首を浮かせて行ったりするようになっていた。

ピアノ教室は、男の先生だと聞いているので、やり過ぎだと注意はしているのだが、スリルがたまらないようだ、、、





今日も家庭教師の日なので、かなり早めにレナちゃんの家に行った。

いつものように、家にはレナちゃんしかいなく、ミニスカートで可愛らしいレナちゃんが出迎えてくれた。

「遅いよ!タッくん、もうレナのこと飽きたの?」

少しむくれて言うレナちゃん。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年9月6日 | エッチなカテゴリー:寝取られ

【寝取られ】ウブな人妻が知った肉の喜び6 【体験談】

『もうダメ、入れて……。早見君のおちんちん、麻由香の中に入れて……』

麻由香は、ほとんど無意識にそんな言葉を言っていた。そして、その言葉を聞いて、早見は夢が叶った気持ちになり、舞い上がりそうな気持ちのまま麻由香に覆いかぶさった。

客先の、しかも人妻……。手を出してはいけない相手だと、よくわかった上で、それでも気持ちを抑えることの出来ない早見は、麻由香に覆いかぶさったまま、じっと彼女の目を見つめた。そして、麻由香もその真っ直ぐな早見のまなざしを受け止めながら、自分がもう後戻り出来ないところまで来ていると感じていた。



夫の顔が脳裏をよぎる。しかし、燃え上がったその熟れた身体は、目の前の若い身体を狂おしいまでに求めていた。

『来て……』

麻由香は、とろけきった顔でそう言った……。





早見は、自らの唾液と、麻由香の秘密の蜜で濡れそぼった膣口に、暴発しそうなほどいきり立った淫棒を押し当てた。一瞬、避妊のことが頭をよぎるが、それよりも、このオンナを孕ませたい……。そんな、雄としての本能が上回ってしまった。



早見は、そのまま自らの淫棒を押し込んでいく。すぐに、驚くほど濡れそぼった熱い膣肉が彼のモノを包み込んでいく。早見は、その複雑にうねるように絡みつく肉の感触に、腰が抜けそうだった。



そして、麻由香はググッと膣肉を押し広げてその太すぎる淫棒が分け入ってきた瞬間、夫のことを考えた。

(あなた……ゴメンなさい……)


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||||||||||||

2015年8月26日 | エッチなカテゴリー:寝取られ

【寝取られ】内緒で付合っていた彼女が王様ゲームで見せた本性 【体験談】

こんにちは、幹夫と申します。



僕は顔はジ○ニーズ系で、女の子からはモテる方ですが、男の子からはイジられるタイプです。

そんな性格のせいか、彼女になる人は強気な女の子が多いです。



コンプレックスはチ○コが細い所です。

体つきも細いので、外人さんのチ○コみたいに太くて逞しい物に憧れています。

彼女からも、気を使われて「大きいと逆に痛いだけだよ・・・」なんて慰められる事も有ります。



今からお話するのは、僕が19才の大学生の時のお話です。



僕は「ダーツサークル」に入っていて、当時は今みたいにダーツバー等が余り無く、ハードダーツで練習して、その後は飲みに行くのが定番のサークル活動でした。

意外にオシャレなイメージが有るのか、女の子が多くて、可愛い娘も多かったです。



サークルの中でも、僕は母性本能をくすぐるタイプらしく、結構モテた記憶があります。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||||||||

2015年8月23日 | エッチなカテゴリー:寝取られ

【寝取られ】ウブな人妻が知った肉の喜び5 【体験談】

『ゴメンね、早見君、ファスナー上げてもらえる?』

麻由香は声が震えるのを抑えられなかった。真っ昼間のリビングで、若い男の子と二人きり。その上、買ったばかりのタイトなボディコンを着て、はしたない姿をさらしている。

身体にピッタリとフィットしたボディコンは、麻由香のたわわな胸を締め付け、そのことによってより大きさを強調している。それだけではなく、その頂きにはクッキリと蕾の形が浮き出ていた。



麻由香は、テレビドラマなどで不倫ものを見るのが好きだった。許されない恋……そんなものに、淡い憧れを持っていた。でもそれは、自分とはまったく縁のない、ある意味ではファンタジーのようなものだと思っていた。



それが今、このリビングには濃厚な不倫の香りが立ちこめていた。早見も、普段の軽いノリは消え、緊張した顔で麻由香の身体を凝視している。そして、椅子から立ち上がると、麻由香の声に導かれるように麻由香の横に移動した。麻由香は、緊張しすぎて能面のように無表情になっている。そして、早見の前で後ろを向いた。



早見は、ファスナーが下まで下がりパックリと大きく開いた麻由香の背中を見て、ドキドキがさらに強くなっていた。正面から見た姿も、ノーブラのためにクッキリと浮き出た蕾の形が強烈に欲情を誘ったが、今のこの背中姿もたまらないものがあった。



ファスナーが下まで降りているために、早見の目には麻由香のショーツまで見えている。早見は、先ほどからいきり立ってしまった自分の淫棒を、なるべく目立たないように腰を引き気味にして隠している。だが、麻由香は、そんな早見の中途半端な中腰に気がついていた。

(私みたいなおばちゃん相手でも、こんな格好すれば興奮してくれるのね……)

こんな時でも控えめな麻由香は、自分の魅力にさほど自覚がない。確かに、年齢だけで言うと彼女はそろそろアラフォーと呼ばれる年齢にさしかかっている。夫の浩介に至っては、すでに41歳だ。



でも、それでも麻由香は魅力的な姿をしている。真っ黒で艶やかな短めの髪は、彼女をとても若々しく見せているし、20代の頃と比べて、多少肉付きがよくなってはいるが、それは逆に彼女を肉感的でセクシーな女性へと変えたように思える。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||||||||

2015年8月12日 | エッチなカテゴリー:寝取られ
1 / 16112345...102030...最後 »

このページの先頭へ