エッチな体験談 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【人妻】ぽっちゃりで熟女な家政婦なんだけど何故かパンチラを見てフル勃起【体験談】

エッチな関連タグ

||||||

2015年10月22日 | エッチなカテゴリー:人妻

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 完結 【体験談】

前回↓





最初から読みたい方は↓









天野と近藤、2人の男の手によってあっという間に絶頂に達してしまった菜穂は、身体を大きく仰け反らせた後、足腰をガクガクと震わせてカーペットの上に崩れ落ちるようにして座り込んだ。





「ハァ……ハァ……」





菜穂は自分でもあまりに早くイッてしまった事に驚いていた。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年9月2日 | エッチなカテゴリー:寝取られ

【寝取られ】明後日も弁当はいらないよ【体験談】

<>810明後日も弁当はいらないよsage04/06/2606:51ID:M0euLJ+i<>

妻(由美子)と生活をしていると、いつも一緒に居るのが当たり前となり、なにかこう、恋人気分は無くなり兄弟のような、親類のようなそんな感覚になっていた。

もちろん今も妻を愛している。生活する上でなくてはならない存在だ。

しかしそれは家政婦としてであって女性としては見れていなかったのだろう。



妻が最近浮気をしているのはなんとなく気付いていました。

ここ2年以上も妻を抱いていないので無理もないのだろうか。。。

(こちらから迫っても断られていたが)

当然怒りの感情が湧き上がってくるのだが、自分でも驚いたことに

それ以上に、寝取られてしまったことにかなりの興奮を覚えていた。



バイト先の歓迎会があるから、、今日だけ遅番を頼まれた、、、

その都度、私は激しい嫉妬と興奮を覚え、ひとりオナニーをしていました。



妻が遅くなる日は、仕事を早々に切り上げ妻の後をつけてみたり


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||||||||||

2015年7月11日 | エッチなカテゴリー:寝取られ

【教師】家庭教師の女子大生が恋をした生徒は鬼畜青年だった3 【体験談】

前回↓







16話



千佳 「ふぅ……さっぱりした。」





お風呂から上がった千佳は、濡れた髪の毛をタオルで拭きながらベッドの上に腰を下ろした。



ここは千佳が大学に入って一人暮らしを始めてから3年以上住んでいるアパート。



部屋の中は決して広くはないものの、女の子らしく綺麗に整頓されている。




体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||||||||

2015年2月12日 | エッチなカテゴリー:教師

【寝取られ】それでも別れたくないんです。 【体験談】

41歳の自営業です。結婚17年目で一つ年下40歳の妻がいます。

若い時は抜群のプロポーションで外を歩けば振り返る男が多数いる事が鼻高々でした。

笑顔が柔らかくいつもニコニコしているのがとても愛らしい妻です。

今では出産も経験し、少しぽっちゃりとなりましたが、それでも私の中では最高の女だと自負しています。

見た目は小島聖さんに雰囲気が似ていると思っています。





私達夫婦は私が以前務めていた職場で知り合い、仕事仲間として仲を深めて行きました。

そこから徐々にプライベートでも仲良くなり自然と男女の関係に至りました。

付き合ってからプロポーズまで時間は掛かりませんでした。

その頃、独立しようと考えており、それも含めて自分について来てくれると返事を貰えた時には人生最高に幸せだと思える瞬間でした。

脱サラして自営業で食べれるようになるまで妻には迷惑と心配を掛けっぱなしでたくさん苦労を掛けてきました。

それでも愛想を尽かさずにいつもニコニコして私について来てくれた妻には本当に感謝してもしきれません。

これまで子宝にも恵まれ四苦八苦しながら仕事に家庭に奮起して仲良く乗り切ってきました。

やがて子どもも大きくなり手がかからなくなる頃には2人の時間も増えて昔を取り戻すかのように愛し合う頻度も増し、今までよりさらに生活にハリが出て来ていました。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||||||

2015年1月19日 | エッチなカテゴリー:寝取られ

【教師】家庭教師の女子大生が恋をした生徒は鬼畜青年だった2 【体験談】

前回↓









11





千佳はその後順調に家庭教師のアルバイトを続けていた。



このアルバイトを紹介してくれた友人の尚子の話通り、富田家が康介の家庭教師に払ってくれる給料は大学生のアルバイトとしてはかなり高額。

それに見合った成果を出すべく、千佳は康介のスキルアップのために一生懸命頑張った。



康介も要領が良いというか、きっと元々勉強はできるのだろう、千佳が教えた事をスムーズに吸収していってくれた。




体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||||||||

2014年12月15日 | エッチなカテゴリー:教師

【教師】家庭教師の女子大生が恋をした生徒は鬼畜青年だった 【体験談】

大学近くのカフェで、千佳は目の前にあるカプチーノの泡をクルクルとスプーンで回しながら困惑した表情を浮かべていた。





尚子 「ねっ!お願い!千佳しか頼める人いないのよ。」





千佳 「でもぉ……家庭教師なんて私……。」





尚子 「大丈夫よ、千佳は人に勉強教えるの得意でしょ。ほら、前に私に教えてくれた時、凄く分かり易かったし。」





千佳 「ん〜……でもなぁ……」






体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年12月6日 | エッチなカテゴリー:教師

【フェラチオ】処女のハーフ美少女と、童貞の自分【体験談】

レベッカは中学2年生、英国人の父親と日本人の母親との間に生まれたハーフで、クリクリとした淡褐色の目が特徴の小柄な少女でした。

将来は芸能人になりたいという夢を持っていたレベッカは、子供のような容姿とは裏腹に精神的には意外と大人だったのかもしれません。

その頃、高校生だった私にレベッカが懐いてきたのは、やはりハーフ同士という事が一番大きかったと思います。

僕たちはすぐに親密な間柄になりました。

私の両親は毎年、一定の期間仕事の関係で父の母国に帰っていましたが、私は学校があるので一人で残り、家の事は毎日通いでやってくる家政婦さんがやっていました。

両親がいない期間レベッカは私の部屋で過ごす時間が多くなり、思春期の二人はキスをしたり軽く体を触りあったりするようになっていました。

2週間後に両親が帰国する予定のその日、レベッカは私に抱いてほしいと頬を染めながら言いました。

二人とも初めての経験に緊張で震えているような感じでしたが、沢山キスをしてレベッカの胸や太ももを触ったりしているうちに段々と二人ともボウッとしたような感じになってきました。

そうしながら私はレベッカの服を脱がせようとしたのですが、上手くいかなくて結局は二人とも自分で服を脱ぎました。

レベッカは服だけではなくて可愛いいピンク色のブラとショーツもすぐに脱いでしまい、本当に生まれたままの姿になりました。

胸と股間を両手で隠すビーナスのようなポーズでいるレベッカを自分も全裸になった私はギュッと抱きしめていました。

私に触れるレベッカの肌は滑らかでスベスベでしたが、意外にも柔らかいという感じではなくて弾力に富んだ、硬くはないけれどしっかりと張りつめたような感触でした。

立ったまま裸で抱き合い、随分と長い時間貪り合うようにキスをしていました。

いつもキスはしていたので、その頃はレベッカもとてもキスが上手になっていました。

それから私たちはベッドに行きました。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||||||||||||

2014年9月7日 | エッチなカテゴリー:フェラチオ

【レイプ】不倫相手への復讐として兄妹に近親相姦させた【体験談】

彩美と申します。私は足立区に住む27才、結婚1年目の主婦です。

2年前、まだ独身だった頃の話です。

世田谷区に住む、ある企業の役員の方の御自宅に住み込みで、22才の時から家政婦をしていました。

その役員の男性と私は、家政婦になってすぐ不倫関係になりました。

その方を私は本気で愛してました。

役員男性の家庭は、奥様の他に小学6年生の長男、小学5年生の長女がいました。

長男をタケル君、長女をユウコちゃん(いずれも仮名)とします。

不倫は家族に知られる様子もないまま3年近く続きました。

そして私は妊娠。

不倫相手だった役員男性以外との性交渉は一切経験が無かった当時の私にとって、胎児の父親がその役員男性である事は明白でした。

不倫とは言え、愛する人と作った子供です。

私は産んでシングルマザーになりたいと、役員男性に言いました。

役員男性は焦った様子で、中絶を強く要求してきました。

私は泣く泣く中絶をしました。

それから役員男性との関係がギクシャクし始めました。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月2日 | エッチなカテゴリー:レイプ

【友達】非通知【体験談】

誰が見ても中年と言われる歳になれば、多少の不安や悩みはあるものだと思うのです。

私も人並みには持っていますが、この程度の事なら今の時代、幸せな方なのだろうと納得させていました。

それが一本の電話で壊れてしまうのですから脆いものなのですね。

残業を終わらせて時計を見ると7時を過ぎ帰り支度を急いでいる時に、その電話はやって来たのでした。

携帯のディスプレイを見ると非通知でしたが、得意先の相手かもと思い出てしまいました。迂闊ですね。

「もしもし」

少しの沈黙の後、男の声が聞こえました。

『・・・奥さん、今日は帰りが遅くなりますよ・・・』

私よりもずっと若い声に感じます。

「はぁ?どちら様ですか?」

『・・・今日は返さないかもしれないな・・・よろしく・・・・』

意味不明な電話で、相手にしてもしょうがないと思い切って帰路につくと、そんな事も忘れてしまいました。

妙な事が当たり前に起こる時代に一々気に等していられません。

私の勤める会社は中心地から少し離れているので、自家用車での通勤が許されています。

愛車に乗り走らせていると今度は妻からの着信です。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年3月2日 | エッチなカテゴリー:友達
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ