エッチな体験談 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【寝取られ】堕とされた母【体験談】

堕とされた母

−1−

「……まあ、越野くんは、日頃の生活態度も真面目ですし」

初老の担任教師が、慎重に言葉を選びながら続ける。

「そんなことをするような子じゃないってことは、私もわかっておるんですが。ただ…」

応接セットの低いテーブルに視線を向ける。

そこには、一箱の煙草と使い捨てのライターが置かれている。

「裕樹くんが、これを所持していたことも事実でして…」

「………はい」対面のソファに腰かけた佐知子は、固い表情のまま小さく頷いた。

卓上の“証拠品”を一瞥してから、隣に座った裕樹へと顔を向ける。

「裕樹。どうして、こんなものを持っていたの?」

「………」

「裕樹!」

項垂れたまま、なにも答えず、顔を向けようともしない息子の姿に思わず声が高くなった。

まあまあ、と教師にとりなされて、なんとか気を落ち着ける。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年9月8日 | エッチなカテゴリー:寝取られ

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 完結 【体験談】

前回↓





最初から読みたい方は↓









天野と近藤、2人の男の手によってあっという間に絶頂に達してしまった菜穂は、身体を大きく仰け反らせた後、足腰をガクガクと震わせてカーペットの上に崩れ落ちるようにして座り込んだ。





「ハァ……ハァ……」





菜穂は自分でもあまりに早くイッてしまった事に驚いていた。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年9月2日 | エッチなカテゴリー:寝取られ

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 6 【体験談】

前回↓





最初から読みたい方は↓









「天野部長の秘書?」





「……うん、近藤さんに頼まれちゃって……」





夜、天野部長の秘書になる事を頼まれたと菜穂が伝えると、夫の智明は当然驚いていた。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||||

2015年7月7日 | エッチなカテゴリー:寝取られ

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 5 【体験談】

前回↓









早朝、菜穂は家族のために1人早起きして朝食を作り、夫のネクタイやカッターシャツを用意する。



そして夫と子供達を起こし、家族皆で一緒に朝食を食べる。





「ほら、お腹空いてなくても朝ごはんはしっかり食べなきゃ駄目よ。一日のエネルギーになるんだから。」





食卓の席に座ってもまだ眠そうな子供達。




体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||||||||||||||||

2015年6月29日 | エッチなカテゴリー:寝取られ

【職場】部下の嫁に罠をかけて巨根で堕としてみた完 【体験談】

普通のセックスに飽きてしまい、人妻や恋人がいる女性しか興味がなくなった私は、より強い刺激を求めて、身近な人間の妻に手を出してみることにした。



私の会社の大黒柱のような男である間宮をターゲットにし、その妻の美帆を堕とすことにした。公私ともに仲の良い二人なので、私の背徳的な興奮は久しく感じたことのないレベルにまで高まっていた。



そして、それは上手く行き、美帆は私のペニスに完堕ちした。



社長室に、新規開拓先の企業の報告をしに来た間宮。大口の商談に、熱が入る間宮。それを、優しい笑みを浮かべながら見ている美帆。

「背負うものが増えると、さらに熱が入るね。あまり無理するなよ」

私がそんな事を言うと、照れたように笑う間宮。そして、間宮は美帆を見る。



「美帆、気分悪くなったりしてないか?」

『気が早いわよw まだ、お腹だって大きくなってないんだからw』

「それはそうだけど、無理はするなよ」

『ありがとう。あなたもね#9825;』

二人は、本当にお互いを大切に思っている感じだ。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||||||

2015年4月22日 | エッチなカテゴリー:職場

【職場】部下の嫁に罠をかけて巨根で堕としてみた 【体験談】

私は今年で40歳になった。まだ結婚はしていない。と言うか、結婚に興味が持てない。女性のことを信用できないという気持ちが強いからだと思う。



私はそれなりにルックスも良く、男性器の性能も良かったので、若い頃から遊びまくっていた。そして、普通の女性とのセックスでは刺激が足りなくなり、人のモノ……彼女だとか、人妻にしか興味を持てなくなってしまった。

そんなセックスをしていると、女性があっさりと伴侶を裏切る姿をイヤと言うほど目の当たりにする。そんな刺激を求めた背徳的なセックスを繰り返したツケが、いまの私の女性不信に繋がっているのだと思う。



そして、見ず知らずの人妻などを落とすことにも飽きてしまった私は、身の回りの知り合いの人妻に興味を持つようになっていた。



私は小さいながらも広告代理店を営んでいて、早いタイミングでスマートホン対応をしたおかげでそれなりに収益も上げる事ができ、従業員も80名を超えた。



そんな中で、営業部の部長を任せている間宮という男の妻に目を付けた。間宮はとにかく真面目で勤勉な男で、まだ35歳という若さにもかかわらず、彼が部長をしていることに社内でも誰も異論は無く、誰もが認めるエースという感じだ。



そして、彼は社内結婚をしていて、私の秘書が彼の妻だ。名前は美帆といい、見た目からしてザ・秘書という感じの上品で清楚な感じの女性だ。年齢は29歳で、女盛りの最盛期、色気とフェロモンが過剰分泌されているようないい女だ。

彼女はスレンダーな身体をしていて、一見ほっそりとした印象だが、よく見るとスーツの中の胸はブラウスのボタンをはじき飛ばしそうだ。



膝丈のタイトスカートからのぞく足も美脚で、会社の看板という言葉がピッタリと来る。実際、業界紙で美人秘書という紹介のされ方をしたことが数回ある。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||||||||||

2015年3月20日 | エッチなカテゴリー:職場

【露出】葛藤しながら・・・ 【体験談】

投稿者:恭子◆vA7figsdCM

2009/07/1800:31:48

こんばんは。恭子と申します。

半月ほど前、出張で『ある地方』に行ってきました。

そこでの私の体験を書いてみます。



私は、ある会社の秘書室に勤務している、いわゆるOLです。

仕事がら、出張自体は珍しいことではありません。

私も年に何度かは、上司に随行するような形で出張に行く機会があります。

ただ今回は、いろいろと部内の事情もあって、私ひとりきりで出張すること

になりました。

いろいろと差し支えることがありますので、もちろん出張先の場所や業務の

内容に関することについては、一切書くことができません。

ひとつだけ言えるのは、私にとって初めての『ひとりきりでの地方出張』だ

ったということだけです。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||||||||||||

2015年3月4日 | エッチなカテゴリー:露出

【人妻】海外単身赴任中の夫を持つ美人妻(4)【体験談】

理知的で美人でスタイルの良い海外単身赴任中の美人人妻。僕は本当にこの女をモノにしたのか。夢ではないのか?いや夢では無いのだ。昨日土曜日、いつもの様に待ち合わせて僕の車でドライブ。陽気が良いので少し遠出となった。今日は少し短か目のスカウトにブラウス。スラリとした美脚が目に染みる。こんな人妻との恋に僕の胸は躍る。湘南の海岸をドライブ。もう僕も美脚を見て我慢が出来ない。海岸にほど近いラブホテルにインした。ちょうど正午過ぎの事。部屋に入って彼女を抱きしめて激しい抱擁とキス。「好きだよ」「私もよ。貴方とのセックスに溺れそうよ」ベランダのカーテンを開けて波の打ち寄せる海岸を見下ろす。彼女を抱き寄せてブラウスから乳房に手を入れて揉む。豊かな乳房がはみ出して僕の肉棒がピンピン。「あら元気が良いのね。お風呂に入りましょ」お風呂の中で彼女は口に咥えてくれた。二人で全裸でベットイン。絡み合った。カーテンを開けてベランダも開けたまま。太陽の日差しが部屋に差し込む。「上に乗っていい?」彼女は騎乗位になって僕を求めてきた。挿入した時の彼女の甲高い喘ぎ声と相まって全裸の体が艶めかしく動く。突然僕の胸に倒れ掛かって果て捲る事数回。彼女は僕の唇を求め続ける。入れ込んだまま離さない。10分位たってやっと離れる。太陽の日差しを全身に受け、彼女と抱き合う。またしても僕の下半身が元気になる。今度は僕の正常位とバック。理知的な彼女の顔が快楽に溺れてゆく。僕の脚に美脚を絡ませて締め捲る。彼女のスレンダー体が海老のように絡み動く。こんないい女が人妻だって。僕には信じられない。某大商社のエリートを夫に持ち、彼女はその会社の秘書室にいたそうな。その女と僕は今。激しく中出ししてから彼女は僕の片手に抱かれ体を寄せ合う。「もう君とは4回目だけど、これからもいいかい?」「良いわよ。どうせ主人は暫く海外でしょ。私その間男無しなんて考えられないわ。子供の為とはいえ。たとえ主人が帰国したとしても時折、私を満足させてよ。主人も結婚した当初は毎晩だったけど、忙しくなってからは一か月に一回程度よ。何も無いときは玩具を使ったわよ。味気ないわ。今私は貴方とのセックスに満足してるし、これからもよ」僕はつい彼女をキツク抱きしめた。彼女はしっかりと僕の胸に顔を埋めて三度の行為に及んだんです。彼女は気持ち良さそうに全身を使い締め付け、汗をかいて僕を抱きかかえるんです。三回戦が終わり一緒にお風呂に入り、彼女が僕の全身を洗ってくれて握ってくれた。僕は彼女の全裸を抱きしめて抱えた。「帰りましょ。来週も宜しくよ」僕の車は湘南海岸を抜けて第三京浜国道を走り東京へ戻ったんです。こんな理知的で上品で美人でスタイルの良い彼女と。僕は有頂天になりながら彼女を送ってから帰ったんです。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||||||||

2015年1月25日 | エッチなカテゴリー:人妻

【人妻】海外単身赴任中の夫を持つ美人妻(10)【体験談】

元大商社の秘書室勤務の彼女。同社のエリート社員と結婚したが、米国勤務に。でも彼女は7歳の子供の教育の為に日本に。

とある都内のホテルのパーテイーの後で彼女と会話する機会があり、その後肉体関係になった。

スレンダーなスラリとした上品で気品の漂う彼女。いい女だ。僕はよくもこんな良い女をモノにしたものだ。昨日の土曜日、彼女は僕の恵比寿のマンションに昼の11時に来た。今日はよそ行きの洋装で、彼女が眩しく見えた。

僕は玄関に入った彼女を抱きしめて抱擁とキスを繰り返した。彼女は僕の首に手をまわして応じた。

彼女の全身に漂う香りが僕を興奮させる。「ねえッお風呂沸かしてッ。今日は夕方魔でゆっくりでいいわよ」

コーヒーを沸かして一緒に飲んだ。お風呂が沸いた。彼女は洋服を脱ぎ始めた。そしてブラジャーも外してパンテイ―姿になった。

白し眩しい見事な裸体が隣の部屋に見える。これが今まで5人の男を通り過ぎた女の体なんだ。

僕も彼女と一緒にお風呂に入った。お風呂の中で抱き合った。

張りのある豊かな乳房が僕の肌に吸い付く。暫くお風呂の中で抱き合った。何度も唇を奪った。「ねえ、舐めってよ」僕が促した。彼女は風呂中で僕の肉棒を咥えてくれた。一生懸命、口に出し入れしてる彼女。

「気持ちいい?」「うん最高だよ。ベットに行こうか?」バスタオルでお互いの裸体を拭き、ベットにそのまま寝ころんだ。

激しく抱き合った。獣のようなセックスを望む彼女。

彼女の全身に僕の口が這い回る。首筋、胸、乳房、脇腹、花心、美脚の内股、コブラはぎ、背中。

彼女はそのたびに大きく仰け反った。「欲しいわッ」彼女が囁いた。僕はいきり立った肉棒を正常位でゆっくり挿入した。

「あああああッ――――――感じるわッ―――ゆっくり突いてッーーーー」彼女は僕の腰を抱え込んだ。しっかりと結合した。

気持ち良さそうに腰を揺らす彼女。「後ろからさせてよ」彼女が後ろ向きになって腰を上げた。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||||||

2015年1月22日 | エッチなカテゴリー:人妻

【寝取られ】プライドの高い妻だったけど(2) 【体験談】

「はあ・・・」

自然とため息が漏れる。



今日もまた夫から遅くなるとのメールが入った。

ここのところ、ほぼ毎日だった。帰ってこない日すらあった。



おしどり夫婦と噂される程、仲の良かった私達だったが、

夫が彼らと付き合い出してから、段々歯車が狂ってきた。



村松と名乗った男の貧相な顔を思い出すと、吐き気がする。



彼の下品な台詞が、いつまでも頭から離れなかった。



「旦那しか知らない人妻をオモチャにするのって、処女で遊ぶより断然、面白いんだよ」




体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||

2015年1月10日 | エッチなカテゴリー:寝取られ
1 / 1512345...10...最後 »

このページの先頭へ