エッチな体験談 最新更新情報

ただ今の時間最もヌかれている人気エログ記事 新着順

【寝取られ】元部下の嫁を俺好みのメスにしたかったので雇う事にした【体験談】

俺は脱サラし、エステサロンを経営している。
元々誰かに縛られてるよりも、自分の思うように生きたかったからな。
なので嫁も子供も居ない。しかし女には困らない。
サロンの経営も順調だし、不自由は特に無いな。

つい先日、昔俺が働いていた会社の元部下に会った。
そいつは俺が会社にいた頃にはよく可愛がっていたもんで、
今でもちょくちょく連絡が来る。
最近やっとマイホームを購入したらしい。
まだ若いのに大したもんだぜ。

ここから会った時の話だ。
元部下の嫁を、俺のエステサロンで働かせて欲しいとお願いされた。
その時は嫁も同席していて、二人して頭を下げに来た。

元部下の嫁を見たのは、披露宴で見た時以来か。
久々に見たんだが、やはり良い女だった。
正直なところ、人手は足りているんで断ろうかと思った。

だが、俺の中で「この女に俺の言う事全てを聞かせてやりたい」と、
欲望が湧いて来た。

そんな気持ちを抑えながらOKを出し、明日から来るように伝えた。



体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||

2016年6月9日 | エッチなカテゴリー:レイプ 人妻 寝取られ 浮気・不倫 職場

【寝取られ】元部下に旦那を採用する条件として俺と肉体関係を条件にした【体験談】

エッチな関連タグ

||||||

2016年4月13日 | エッチなカテゴリー:レイプ 人妻 寝取られ

【フェラチオ】渡辺麻友に似てる可愛い新入社員が援交してた【体験談】

■スペック

俺:ちっちゃい会社のナンバー2、フツメン、既婚、40歳目前。

新入社員:入社1年未満、色白細身、めっちゃ可愛い、独身、23歳。

その子は、社員の中ではAKBのまゆゆって子に似てると評判らしいが、俺がその子を知らんので何とも言えん。

オレがやってる出会い系で知り合った子と写メ交換したら、なんとその子だったんだよ!という嘘のような話。

いや、どうみても本人なんだよ。だって俺が採用担当で面接したしな。

履歴書や社内レクリエーションの写真とかと見比べ倒したよ。

掲載プロフィールも履歴書の内容と一致するんだorz

その子とは毎日顔を合わせるし、それだけに迂闊に動けないんだ。

掲示板で「すぐ会う」的なのがあって、そこに投稿してたんだ。

で、メールしていたら写メ付きで返事が来て…

「ホ別2万」

って言われたの。

その子、めっちゃ清純派というか、おっとりしてて、儚げでピュアな感じの女の子なのに…。

お金に困ってるんだったら、何とかしてあげたいと思ったんだが。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||||||||||||

2015年1月24日 | エッチなカテゴリー:フェラチオ

【フェラチオ】パートで働いていた奥さんに解雇する事を伝えたら【体験談】

もう10年以上前の話。

私は大学を卒業して、飲食店チェーンの会社に就職しました。

その会社では大卒は1年間半の研修を終えたら、各店舗にマネージャー(店長)として配属されるシステムで、私も2年目の秋からとある店舗にマネージャーとして勤めていました。

配属されてから数ヶ月経った時、本社から収益が上がっていないのでアルバイトを1人解雇するよう通知が来ました。

解雇するなんて経験なかったし、気が進まない仕事でしたが仕方ありません。

そこで色々考えた末、斉藤さんという当時38歳のパートさんに辞めてもらう事にして、マネージャー室に呼び出しました。

彼女にその事を告げると当然慌てました。

「困ります、家のローンとか色々あるんです。何とかなりませんか?」

そうは言われても私も当時は入社2年目のサラリーマン、会社の指示に背くわけにもいきません。

「お願いします、マネージャー。私、何でもしますから」

彼女はそう言って、懇願するように寄り添ってきました。

何でもする?

私は思わずその言葉に少し興奮してしまい、無意識に彼女の体に視線をやってしまいました。

彼女は顔は凄く綺麗というわけではありませんが、体のラインはムチムチしており、独特ないやらしさを醸し出していました。

すると彼女はその視線に気付き、一瞬警戒するような仕草を見せましたが、すぐに


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||||||||

2014年6月14日 | エッチなカテゴリー:フェラチオ

【おっぱい】引っ込み思案で大人しかった部下が変わってきた【体験談】

埼玉県/佐々木さん(30代)からの投稿—-『引っ込み思案で、大人しい部下を』の続き。

それから俺は、サツキを毎週のように誘うようになった。

食事に連れて行っては、その後ホテルへ。

サツキは文句も言わず、毎回俺の求めに応じ、やがて、生理の時は何も言わずに仰向けの俺に覆いかぶさるようになってきた。

舌を俺の唇に差し込んで絡めると、耳から喉に舌を這わせ、俺の乳首辺りをチロチロと舌で舐めたり吸ったりした。

やがて唇は、鳩尾から臍、内股へと進み、タマタマを手で優しく包みながら、舌を尖らせて竿を舐めあげる。

「サツキ・・・誰にそんなこと教わったんだ」

「・・・佐々木さん・・・です」

「俺は教えた覚えはないぞ」

「・・・でも、佐々木さんが私にこうしてくれるから・・・」

そういうと、ジュルッと音を立ててサツキは俺を根元まで飲み込んだ。

「あっ」

思わず俺の方が女のような声を出してしまった。

サツキはアナルに軽いタッチをしたり竿の根元を指で締め付けたりしながら、口の中で俺に刺激を与え続けた。

たまらず俺はサツキの喉の奥で放出すると、サツキはそのままゴクリと飲み込んだ。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年5月28日 | エッチなカテゴリー:おっぱい

【職場】同じ職場で働いてた元JKが何でもするからと借金を申し込んできた【体験談】

半年前の話で2連休だったので、家で時間ある限りシコリ倒していました。

携帯の動画を見てハァハァ言ってると急に電話が鳴った。

画面には『○川さん』と表示されている。

※5年前に働いていた飲食店の部下だった高校生の女の子。

(何だいきなり?辞めてから1回も電話無かったのに…間違い電話か?)

と思いつつも俺は取り敢えず右手でチンコを握りながら電話に出た。

「もしもし~お久しぶりです。店長お元気ですかぁ、実は私もあの後辞めて今は~以下省略」

(何が目的だ?俺が好きだったのか?いや金か?)

なんて思いながら話をうんうん聞いていると出た!

「実は今、お金に困ってまして…先輩から借りた車を壊して修理が…」

(ハイハイ…大抵久し振りに電話あるのはロクな用件じゃないな…)

等と思いながら、やんわりと断ろうと思った。

その時は勿体ないと思ったので声を聞いてチンコをシゴいてました。

しかし、その子の

「お願いします。どうしても困ってて…私どうしたら良いのか…。もし、店長が貸してくれるんなら何でもしますから」


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||||||||||||||||||

2013年12月17日 | エッチなカテゴリー:職場

【おっぱい】【お勧め】震災で胸がデカくて可愛い部下と車で一夜を共にした話【体験談】

■スペック

俺:当時32歳、今34歳。身長175程度。IT会社勤務。

後輩ちゃん:当時23歳、今25歳。155cm程度ちっちゃい。胸デカい。

うちの会社は所謂二昔前ベンチャー上がり、現在東証一部の会社。

そこに中途入社で入った俺は、判りやすい肩書きで言えばプロジェクトリーダーのような仕事をやってるのね。

社内ではそこそこ出力の高いチームだと自負している。

2年前までチームのメンバーと役割は以下のような感じだった。

俺:社外とのやり取りとか上司とのやり取りとか、部下への指示とかが仕事。

デブ:38歳位、割と優秀なプログラマでうちのチームの出力源。対人関係能力は低い。会社のPCのデスクトップがエヴァの壁紙だったりするような奴。

ジジイ:50歳位、役に立たないけどデブのフォローが上手く、困った時に役に立つ。

バカ:28歳位、俺の後釜要因だが、どうしても雑用係から抜け出せない。

基本デブの出力を俺が取ってくる案件で回すというスタイルだが、デブに基本構造を作らせ、ジジイの下に派遣を付けて回すというスタイルで年に2度は大きな案件をこなしていて社内では「俺チーム」と呼ばれ、それなりにバカにされない程度には仕事をしていた。

俺も昇給、昇進をチラつかされその気になっていた訳だ。

そんな中バカがあまり成長芳しくないので数年前から新人を入れるという話をずっと上からされてた。

派遣以外の人を増やしたくなかった俺はその度に


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2013年11月27日 | エッチなカテゴリー:おっぱい

【職場】女性社員にセクハラをしていた部下3人【体験談】

子会社へ転籍して社長になった。

とは言っても部下3人と女子事務1人の5人の会社でリストラに近い。

役員になったのに給料は2/3ぐらいに下がった。

取扱品は本社の製品で、客先もほとんどグループ会社。

部下の3人は他の子会社からやはりリストラのような形で転籍してきたらしくモチベーションは相当に低かった。

社長の私に対しても横柄というか礼儀も知らないような感じの奴らだった。

ただ事務の女性は、まさに掃き溜めに鶴という感じの、誠実で礼儀正しい子で、電話対応から伝票処理まで一番忙しそうに働いているのに、暇そうな3人からコピーやら私用のお使いまでさせられても、嫌な顔ひとつせずに献身的に働いていた。

バツ1だった私は、1年後に付き合い始めて、たった3度目のデートでに彼女に結婚を申し込んだ。

彼女はバツ1の私に対して

「喜んで」

と言って夫婦になってくれたのだった。

彼女は家庭に入っても優しく上品でよく働く献身的な妻だった。

それでいて夜は娼婦のように・・、というか夜も本当に献身的に尽くしてくれた。

成熟した女性らしさで思いがけないほどに感度よく私の要求になんでも応えてくれた。

いつも不平不満とヒステリー、夜遊びまでまで始めた前妻と比べたら、私にとっては妻は天使のようにさえ思える存在だった。


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

|||||||||||||

2013年8月30日 | エッチなカテゴリー:職場

【職場】惚れていた部下が泥酔したので【体験談】

新人教育してた娘が泥酔あくまでネタという事で・・・同じ会社の新人Yさんとの話。

新人教育をしていた俺は、新人の彼女に惚れていた。

告白もしたけど断られた。

一度だけキスもできたけど、それでもダメだった。

それでも彼女と何回か飲みに二人でいった。

彼女は、異性とはこういう関係OKだったみたい。

飲むたびに仕事悩みとか色々相談に乗ったりした。

ある日猛烈に飲んだ日があった。

「もっと飲もうか」

誘ってみた。

終電なくなりそうだったので敢えてそう言った。

Yさんは

「そうだね」

と言ってくれた。

「誰かに聞かれないよう二人きりで飲もう」


体験談の続きを読む »

エッチな関連タグ

||||||||||||||

2013年8月28日 | エッチなカテゴリー:職場

このページの先頭へ